このページの本文へ

2月1日より価格改定

ハーマンがAKGやJBLなど全取扱い製品15%前後値上げ

2015年01月13日 17時00分更新

文● 貝塚/ASCII.jp編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
画像は11月に発表された「CINEMA SB350」

2月1日より15%前後値上げ

 ハーマンインターナショナルが、同社の取り扱う全製品(一般家庭向け)の価格を改訂すると発表した。2月1日よりそれぞれ15%前後値上げして販売する見込み。以下は同社のプレスリリース。

 このたび、弊社は一般家庭向け製品につきまして、平成27年2月1日より価格の改定を実施いたします。

 弊社は、為替の変動による仕入れ価格の上昇分を吸収すべく日々合理化努力を行い、これまでは発売当初の価格を維持してまいりましたが、昨今の急激な為替変動による仕入れ価格の上昇分については、自助努力のみによる対応では非常に困難な状況に至っております。

 つきましては誠に恐縮ではございますが、下記のとおり商品の価格改定を実施させていただきたく、何卒ご理解賜りますようお願い申し上げます。

対象製品 弊社取扱い製品 全製品(一般家庭向け)

値上げ幅 価格を現行より15%前後改定させていただきます。

実施日 平成27年2月1日(日)より

(※ハーマンインターナショナル「価格改定のお知らせ」より)

 ハーマンインターナショナルは米国に本社を持つ、家電オーディオ製品の輸入販売、自動車用インフォテイメント・オーディオシステムの開発、営業などを主な業務とする企業。harman/kardonのほか、JBL、AKGなど国内でも人気のブランドを取り扱っている。

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン