このページの本文へ

8型までのXperiaのマウントに対応

XperiaでPS4を遊ぶ! 純正コントローラーマウントが国内発表

2015年01月15日 13時00分更新

文● 松野/ASCII.jp編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
「PS4 Remote Play」に対応するゲームコントローラーマウント「GCM10」

 ソニーマーケティングは1月15日、「PS4 Remote Play」に対応するゲームコントローラーマウント「GCM10」を発表した。1月24日から販売を開始する。価格は3000円前後(税抜き)。

 PS4 Remote Playは、同社のスマートフォン/タブレット「Xperia」に専用アプリをインストールし、PS4のゲームをXperia端末上でプレイできる機能。GCM10は、PS4のコントローラー「DUALSHOCK 4」上にXperia端末をマウントし、リモートプレイを楽しめるアクセサリーだ。

DUALSHOCK 4(左)とGCM10(右)
DUALSHOCK 4の中央部分を挟み込むように装着する
コントローラーへの装着が完了した状態。上部にあるのがXperiaマウント用の吸盤だXperiaをマウントした状態
吸盤は気圧の差を利用して吸着するため、逆さにしたり少し引っ張ったぐらいではビクともしない。ちょっと怖いが、ベッドに寝転がり、仰向けでゲームプレイなんてことも出来るだろう

 マウントできる機種はXperia Z3(5.2インチ)、Xperia Z3 Compact(4.6インチ)、Xperia Z3 Tablet Compact(8インチ)の3機種。マウント上部の吸盤を端末の背面に貼り付け、空気を抜いて気圧の差により固定する。装着状態ではGCM10がDUALSHOCK 4の中央部分を覆うような形になるが、USBポート部は開口されており、PS4とは問題なく接続ができる。

事前に端末へ専用アプリをダウンロードし、リモートプレイの設定を行う必要がある。コントローラーと端末の接続もこの画面で実施する
コントローラーと端末はBluetoothで接続する

 DUALSHOCK 4とXperiaの接続にはBluetoothを利用するため、GCM10そのものは電気的な機能を持たないが、ヒンジを動かすことで端末の角度調整が可能だ。なお、10.1型のXperia Z2 Tabletもリモートプレイそのものには対応しているが、荷重の関係上、マウントは非推奨となっている。

PS4との接続待ち状態。ホームネットワークを介しており、IEEE 802.11acネットワークの利用が推奨されている
実際に「DRIVE CLUB」をプレイしてみた。DUALSHOCK 4を使っているだけあり、操作感はPS4と大差ない。8型のXperia Z3 Tablet Compactなら、画面の大きさも個人的には十分。通信状況によっては遅延やブロックノイズが発生するようなので、しっかりしたネットワーク環境を構築したい
リモートプレイができるのは、1台のPS4につき1端末のみ。複数台のコントローラーでマルチプレイのゲームを遊ぶこともできないので注意10.1型のXperia Z2 Tabletはマウント非対応だが、リモートプレイそのものには対応する。別売のスタンドを使おう。無理矢理取り付けられないこともないが……

 ホームネットワーク上での利用を想定しており、Xperia端末とPS4の無線接続はIEEE 802.11acを推奨している。

■関連サイト

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jpメール アキバマガジン

ピックアップ