このページの本文へ

ソフトバンクPS、「チャージバック保証サービス」開始

文●通販通信

2014年12月10日 03時06分更新

記事提供:通販通信

  • この記事をはてなブックマークに追加
本文印刷

image ソフトバンク・ペイメント・サービス(株)(SBPS)は10日、イーディフェンダーズ(株)のオンライン事業者向け損失補填サービス「チャージバック保証サービス」の取り扱いを開始した。

 同サービスは、クレジットカードの不正利用によるチャージバック発生時の損失を保証するサービス。毎月の保証料により、オンライン事業者の被害を保証。システムの連携などはなく、複数のモールへ出店している場合もまとめて契約できる。申込の際は、提携先のイーディフェンダーズとの契約が必要。

 「チャージバック」とは、なりすましやカード盗用などのクレジットカードの不正利用によって、カード名義人が利用代金の決済に応じない場合、クレジットカード会社がその利用代金の売り上げを取り消すこと。クレジットカードの不正利用が急激し、2013年8月にVISA国際チャージバックルールが導入され、不正利用があった場合、クレジットカード会社は一方的に支払いを拒否できるようになった。チャージバックが発生した場合、損失はオンライン事業者が負担することになり、同サービスはその被害を保証する。

 ■SBPS「チャージバック保証サービス」

Web Professionalトップへ

Web Professionalトップページバナー

WebProfessional 新着記事

ASCII.jp会員サービス 週刊Web Professional登録

Webディレクター江口明日香が行く