このページの本文へ

スマホで値切り、アララが価格交渉通販サービス開発

文●通販通信

2014年12月09日 02時23分更新

記事提供:通販通信

  • この記事をはてなブックマークに追加
本文印刷

参考画像 アララ(株)は8日、(株)オネストとの共同企画で、スマートフォンでの価格交渉通販サービス『HowMuchβ(ハウマッチベータ)』を開発したと発表した。

 
 同サービスは、利用者が気に入った商品に希望価格で入札し、売主が設定した最低販売価格以上であればすぐに購入できる仕組み。価格交渉の回数は商品ごとに異なる。SNSで商品情報をシェアすれば、価格交渉の回数が増える。会員登録は無料。価格交渉の相手に「店長」キャラクターを設置。店長とのやり取りで、露天での値切り交渉をしているような体験ができる、としている。売主にとっては、「最終売価がサイト上で公開されない」「安値販売の印象を持たれづらい」などのメリットがある。

Web Professionalトップへ

Web Professionalトップページバナー

WebProfessional 新着記事

ASCII.jp会員サービス 週刊Web Professional登録

Webディレクター江口明日香が行く