このページの本文へ

米Google、宿泊施設、飲食店などのローカルカルーセル表示を中止

文●渡辺隆広/SEMリサーチ

2014年11月18日 22時48分更新

記事提供:SEMリサーチ

  • この記事をはてなブックマークに追加
本文印刷

米Google、宿泊施設、飲食店などのローカルカルーセル表示を中止

米Google は先週、カルーセルUIで表示してきた一部ローカル検索結果を撤去し、新しいフォーマットの検索結果表示に切り替えた。2014年11月17日(米国時間)、一部の環境では従来のカルーセルが表示されるが、大半は切り替わった模様だ。

今回カルーセルが廃止されたのは、ホテルや宿などの宿泊施設、レストランやバーなどの飲食店。自動車や会社・製品などのブランドは対象外だ(例えば 2015 subaru wrx sti などは従来通りカルーセル表示)。

ローカルカルーセルは2013年に米国で徐々に導入されてきた。検索結果の最上部に宿泊施設や飲食店情報が横に並ぶことで、特にローカルSEOに取り組む地域事業者に大きな影響を及ぼした変更だった。宿泊施設によってはオーガニックトラフィックが30%以上低下するケースもあったとのことだ。

Google Local Carousel、日本語キーワードに対応 - 飲食店や宿泊施設の写真を自然検索最上部に表示

Google、ホテル検索結果でチェックイン/アウト日を選択可能に - ローカルカルーセル (2014/01)

2014年11月17日現在、こうしたローカルカルーセルUIは表示されなくなっており、代わりに、7つのサイトをセットにした表示(7-Pack results)が表示される。また、宿泊施設(例えば [地域名] hotel)で検索すると、アドワーズ広告の直下に宿泊施設予約向けの情報を表示する、3サイトを枠内に表示する(3-Pack results)ようになっている。枠左下にある More hotel をクリックすると、ローカル検索結果に移動する。

なお、本稿執筆時点で、宿泊施設の表示形式は検索する度に変わることを確認している。上記の 3-Pack results 形式のほか、アドワーズ広告の直下に宿泊施設向けの広告枠が表示され、さらにオーガニック検索結果の中間に 7-Pack results が表示されるパターンもある。

Google Hotel Finder
https://www.google.com/hotelfinder/

カテゴリートップへ

WebProfessional 新着記事

ASCII.jp会員サービス 週刊Web Professional登録

Webディレクター江口明日香が行く