このページの本文へ

検索機能やカテゴリー設定などの豊富な機能

NTT Com、月額700円からの「Bizストレージ eフォルダー」

2014年11月18日 09時00分更新

文● TECH.ASCII.jp

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 11月17日、NTTコミュニケーションズ(以下、NTT Com)は、月額700円(2ID・10GB)から利用できる中小企業・SOHOユーザー向けのオンラインストレージサービス「Bizストレージ eフォルダー」を開始する。

 自社で取り扱う各種ファイルを、NTT Comのクラウド基盤を利用したセキュアな環境で共有でき、全文検索機能やカテゴリー区分設定・アクセスランキング表示などの整理機能により効率的に管理できる。ファイルの増大やセキュリティリスクなどの中小企業やSOHOユーザーの課題に対し、導入しやすい価格とメニュー体系で応える。

 まず、全文検索機能で瞬時にファイル検索が可能。フォルダー・ファイル名に加え、ファイル本文テキスト(Microsoft Office、PDF、CAD、HTML文書に対応)の全文検索が行なえる。検索結果からは利用者の閲覧権限のないファイルは排除され、閲覧権限のあるファイルのみ結果に表示される。また、検索結果はサービス画面上にサムネイルと検索ワードに一致するテキストハイライトでわかりやすく表示される。これにより、クラウド上に保管されている大量の社内ファイルから瞬時に目的のファイルを検索することが可能になる。

検索ワードに一致するテキストハイライトでわかりやすく表示される

 また、ファイル管理に便利な整理機能を豊富に搭載。共有のファイルやフォルダーに自分で作成したカテゴリー名をタグ付けすることで、それらを自分好みに分類することが可能な「カテゴリー区分」や自分が重要だと思うファイルやフォルダーにマーキングをして、リスト表示する「重要なファイル/フォルダー表示」、よく使う検索条件は、検索ブックマークとして保存可能な「検索ブックマーク」、自分のアクセス履歴を最大100件まで表示する「最近アクセスしたファイル表示」、ファイルごとのアクセス回数を最大100件まで表示、メンバー間でよく使われているファイルを知ることが可能「アクセスランキング表示」などが可能になっている。

 さらに強固なセキュリティ機能を実装。NTT Comの堅牢なクラウド基盤上で稼働しているため、高い安定性を備えるほか、ファイル暗号化保管やログ取得、ウイルスチェック、IPアドレス制限などの各種セキュリティ機能を標準装備している。操作ログも最大10年間閲覧が可能だという。

 マルチデバイスでの操作も実現しており、PC・スマートフォン・タブレットなどでの利用が可能。また、PCブラウザからはドラッグ&ドロップでファイルのアップロードが簡単にできる(HTML5対応)。

 月額利用料金は、基本料金とオプションID/オプション容量の料金を合算した金額になる。また長期契約を条件に、最低利用期間に応じて標準プランの月額利用料金を割り引く長期割引プランも用意されている。「標準プラン」の基本料金は月額700円(税抜)で、2ID・10GBまで利用可能。オプションIDは1IDごと月額150円(税抜)で、最大298IDまで追加可能。オプション容量は10GBごと月額300円(税抜)で、990GBまで追加可能。

 初期費用・変更手数料、およびサービス開始月の利用料金は無料。最低利用期間はない。

カテゴリートップへ

最新記事
最新記事

アスキー・ビジネスセレクション

ASCII.jp ビジネスヘッドライン

ピックアップ