このページの本文へ

電通、データ解析プラットフォームを提供開始

文●通販通信

2014年11月13日 00時42分更新

記事提供:通販通信

  • この記事をはてなブックマークに追加
本文印刷

 (株)電通は12日、トレジャーデータ社(米国)とクラスメソッド(株)と協業し、クラウドを活用したデータ解析プラットフォーム「Dentsu.io」(電通アイ・オー)の提供を開始した。

 トレジャーデータはデータ収集から分析までの技術力を持ち、クラスメソッドは、ビッグデータの運用を高速化する基盤の構築と運用に強みがある。3社は、マーケティング・コミュニケーションのワンストップ高速PDCA(Plan→Do→Check→Act)を実現するプラットフォームを開発した。大容量の購買取引データ、ウェブ閲覧データ、各種のアプリケーションやモバイル端末のログデータなど、さまざまなビッグデータをクラウド上で自動的に取得して保管・分析し、マーケティングに使用できる状態で取り出すことができる。

Web Professionalトップへ

Web Professionalトップページバナー

WebProfessional 新着記事

ASCII.jp会員サービス 週刊Web Professional登録

Webディレクター江口明日香が行く