このページの本文へ

DropboxからポケドラCloudにデータを転送可能

QRコードでスマホと一発接続可能なNAS「ポケドラCloud」

2014年11月05日 11時00分更新

文● 八尋/ASCII.jp編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
スマートフォンやタブレットのデータを転送し、管理・ファイルブラウズが可能な「ポケドラCloud」。同社はこの製品を、設定などが難しいNASと区別するため「パーソナルクラウドストレージ」と呼ぶ

 アイ・オー・データは11月5日、スマートフォンやタブレットから付属のQRコードを読み込むだけで接続できる個人向けNAS「ポケドラCloud」を発表した。12月上旬に出荷予定。

無線LAN環境が無くてもQRコードを読み込めば一発接続!

 ポケドラCloudは、本体をルーターとLAN接続し、購入時に同梱するQRコードをスマートフォンなどで読み込めば接続する。外出先からなどでも、スマートフォンのデータファイルをポケドラCloudに転送して管理できる。専用アプリ「Remote Link Files」を使用して、スマートフォンでポケドラCloudに保管した画像/音楽/動画のストリーミング再生や、アップロード/ダウンロードが可能。本体のユーザー設定・フォルダ共有設定などもできる。

ルーターの設定を一切せずに接続するサービスを新規に構築して提供する「Remote Link 3」

 同社のダイナミックDNSサービス「iobb.net」により、固定IPアドレスがない環境でも固定のURLでインターネット経由のアクセスが可能だ。加えて、サーバーにクライアント側から接続し、アプリ/ポケドラCloudの情報を取得、接続情報を元にP2Pセッションを確立する「Remote Link 3」が利用できる。これにより、ルーターのUPnPの設定が不要なので、多段ルーター環境でも問題なくポケドラCloudに接続可能だという。

「Remote Link 3」により、「手動でのポート転送設定が不要で、集合住宅など多段ルーター環境を意識することなく利用できる環境を実現

クラウドストレージサービスと連携しファイルをポケドラCloudに転送可能

 また、クラウドストレージサービスの「Dropbox」や「フレッツ・あずけ~る」と連携し、ファイルをクラウドストレージからポケドラCloudに転送できる。ポケドラCloudのファイルをクラウドストレージにミラーリングすることも可能だ。メディアサーバーとしても動作し、保存した写真や動画をDLNA対応機器で再生できる。

 対応OSは、iOS 7~8、Android 4.1~4.4.4、Windows 8.1/8/7/Vista、Mac OSX 10.7~10.9。サイズは約幅85×奥行79×高さ130mmで、重さは約340g。価格は、500GBモデルが1万7820円、1TBモデルが2万3868円、3万1104円。

訂正とお詫び:メーカー資料の誤りが判明したため、重さを修正いたしました。(2014年11月6日)

■関連サイト

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン