このページの本文へ

前へ 1 2 次へ

23日発売のGALAXY Note Edgeの写真と価格、スペックをチェック

2014年10月21日 19時15分更新

文● ドロイドさん(アスキースマホ総研

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 10月23日にドコモとauの「Xperia Z3」「GALAXY Note Edge」が一斉に発売される(auのGALAXY Note Edgeは東名阪と沖縄から)。本記事では極めて特徴的なGALAXY Note Edgeの写真と価格、スペックをあらためてチェックしていく。

右側面に特徴的なエッジスクリーンを搭載する「GALAXY Note Edge」

GALAXY Note 4ベースのプレミアムモデル
特徴的なエッジスクリーンは新しい使い方を提案

 GALAXY Note Edgeは、9月に発表された「GALAXY Note 4」のプレミアムモデル。日本ではGALAXY Note 4ではなく、このGALAXY Note Edgeが2キャリアから発売される。

メインディスプレーの右側が湾曲している

 外見的にも非常に特徴的なエッジスクリーンは、ただの飾りではなく、Androidスマホの新しい使い方を提案している。具体的にはアプリのショートカット置き場、カメラアプリ起動時はシャッターボタン、アプリを利用している最中に着信があった場合はここに表示と本機ならではの機能が搭載されている。

カメラアプリを起動すると、エッジスクリーン部にシャッターボタンが。アプリ利用時に着信があっても、このようにエッジスクリーンに表示される

 GALAXY Note 4がベースだけにスペックも非常に高い。詳しくは次ページに表で掲載しているが、メインディスプレーは5.4型でWQHD解像度(1440×2560ドット)、エッジスクリーンで0.2型分、横160ドットが追加される。

 CPUは冬スマホ最速のSnapdragon 805 2.7GHz(クアッドコア)、3GBメモリー、カメラは光学式手ぶれ補正付きの1600万画素CMOSで、インカメラも370万画素と高性能。無線LANはMIMO対応のIEEE802.11ac。バッテリー容量は3000mAhで、今や貴重なユーザーによるバッテリー交換にも対応している。防水・防塵には対応していないが、グローバルモデルなので致し方ないところか。

GALAXY Note 3(左)と比べたところ、メインのディスプレーで比べると若干小さい

バッテリー交換が可能なスマホは今や少数派

 それぞれキャリアの公式オンラインショップで気になる価格を見てみよう。まず、ドコモ版は一括購入価格は9万3312円。ここに月々サポートが、新規・機種変更時は2万4624円(1026円×24回)、MNP時は6万8688円(2862円×24回)付与され、実質価格はそれぞれ6万8688円と2万4624円となっている。新規・機種変更時の月々サポートが少なめという印象だ。

 一方のau版も一括価格は9万1800円(MNP時は「誰でも割」適用で2万1600円割引)で、毎月割が4万5360円のため、新規・機種変更時の実質価格が4万6440円、MNP時は2万4840円

 ちなみに両キャリアともXperia Z3の方が端末価格、毎月の割引ともオトクになっているため、その意味でもGALAXY Note Edgeはプレミアムモデルという言い方ができるだろう。

ちなみに両キャリアともCharcoal Blackは23日の発売だが、Frost Whiteは11月中旬予定


(次ページでは、「GALAXY Note Edgeの詳細スペック」)

前へ 1 2 次へ

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン