前へ 1 2 次へ

ゲーマーならずとも要注目のスペック

MSI、GeForce GTX 980M/970M搭載のゲーミングノートを発表

文●コジマ/ASCII.jp編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 エムエスアイコンピュータージャパン(MSI)は10月8日、ゲーミングノート「GT72 2QE Dominator Pro」「GS70 2QE Stealth Pro」「GS60 2QE Ghost Pro 3K」の3機種を発表した。

 Maxwellアーキテクチャーで製造された初のノート向けGPU、GTX980MおよびGTX970M(関連記事)を搭載しているのが特徴。いずれもBTOに対応しており、標準構成の違いでそれぞれ3モデルが用意される。

エムエスアイコンピュータージャパン 営業部 システム営業課 課長 三好正行氏が商品を説明した

 発売日は、GT72 2QE Dominator ProとGS70 2QE Stealth Proが10月11日、GS60 2QE Ghost Pro 3Kは10月下旬~11月初頭予定とのこと。

GT72 2QE Dominator Pro

GT72 2QE Dominator Pro

 GT72 2QE Dominator ProはGeForce GTX 980M(8GB)を搭載したハイエンドモデル。予想実売価格は28万8000円〜33万5800円前後。

 主なスペックは、Core i7-4710HQ(2.5GHz、最大3.5GHz)、インテル HM87 Expressチップセット、16GBメモリー、Blu-rayドライブなど。ディスプレーは1920×1080ドット(フルHD)の17.3型ノングレア液晶。

GT72は外部3画面と本体液晶の合計4画面出力が可能だ。ちなみにGS70では外部3画面出力、GS60では外部2画面と本体液晶の合計3画面の出力が可能

 インターフェースは、SDカードスロット、USB 3.0端子×6、Mini DisplayPort端子×2、HDMI端子、LANポートなど。IEEE 802.11ac、Bluetooth 4.0に対応している。SteelSeries製のゲーミングキーボードを搭載し、カスタマイズ可能なキーバックライトもそなえる。

左右のインターフェース。USB 3.0やオーディオの入出力など、数多く用意されている。搭載スピーカーは2.1チャンネルだが、最大7.1チャンネルのスピーカーに対応

後部にはディスプレーを接続するためのインターフェースがまとめられている

底面はほぼ通気口といった趣。1枚のパネルで覆われており、外すことで内部にアクセスできるとのこと

 また新機能として、CPUとGPUの動作を切り替える「SHIFT」を搭載している。CPUとGPUを最高クロックで駆動する「SPORT MODE」、GPUの温度を89度以下にコントロールする「COMFORT MODE」、CPUとGPU両方を89度以下にコントロールする「GREEN MODE」の3つのモードから切り替えられ、ユーザーの用途に応じてバランスが変更できるという。モードの切り替えは、Fnキー+SHIFTボタン(F7キー)か、ソフトウェアの「DRAGON GAMING CENTER」を使用する。

 本体サイズは横428×奥行294×高さ48mm、重量は約3.78kg。

 

(次ページでは、「GS70 2QE Stealth Proなど」)

前へ 1 2 次へ

過去記事アーカイブ

2020年
01月
04月
05月
06月
07月
08月
09月
10月
2019年
01月
02月
03月
04月
05月
06月
07月
08月
09月
10月
11月
12月
2018年
01月
02月
03月
04月
05月
06月
07月
08月
09月
10月
11月
12月
2017年
01月
03月
05月
06月
07月
09月
10月
11月
2016年
01月
03月
05月
06月
09月
11月
2015年
01月
03月
04月
06月
2014年
05月
06月
09月
10月
11月