このページの本文へ

人質ファイルを復元する機能も

カスペルスキー2015年版は盗撮防止機能を搭載

2014年10月06日 21時54分更新

文● ナカムラ/ASCII.jp編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
カスペルスキーは、個人向け総合セキュリティ製品の最新版「カスペルスキー2015 マルチプラットフォーム セキュリティ」を発表。

 カスペルスキーは10月6日、個人向け総合セキュリティ製品の最新版「カスペルスキー2015 マルチプラットフォーム セキュリティ」を発表した。10月9日より発売する。

「カスペルスキー2015 マルチプラットフォーム セキュリティ」の主な特徴。

 最新版は、「ウェブカメラのぞき見防止」や「無線LAN安全診断」などの機能を新たに搭載する。さらにウイルスによって改ざんされたファイルの復元や、ネット決済時の保護などの機能が強化された。

 ウェブカメラのぞき見防止機能は、プログラムがウェブカメラを使用するときにポップアップウィンドウで通知し、許可なしに実行できないようにする。不正なアクセスの場合にはワンクリックでブロックし、PCのウェブカメラが遠隔操作で悪用されることを防ぐ。

プログラムからウェブカメラへアクセスする際に許可なしに実行できないようにする「ウェブカメラのぞき見防止機能」。

 「無線LAN安全診断」は、公衆Wi-Fiスポットなどにアクセスする際に、暗号化の強度を診断し、セキュリティに問題がある場合には警告メッセージを表示する。

パスワードを暗号化せずに送信していないかを監視する機能も。

 さらに、不正に画面をロックして操作不能にしたり、ファイルを暗号化して開けなくした上で身代金を要求する「ランサムウェア」(身代金型ウイルス)への対応を強化。「不正ロック対策」機能によりロックされた画面を特定のキーボード操作で開放したり、「システムウォッチャー」によってすべてのプログラムを常時監視し、人質にされたファイルを復元できるという。

「ランサムウェア」(身代金型ウイルス)への対応を強化。

 対応OSはWindows XP以上、Mac OS X v10.6以上、Android OS 2.3以上。今後のアップデートでOS X 10.10への対応も予定しているという。価格とラインアップは以下の通り。

価格とラインアップ。
■Amazon.co.jpで購入

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン