このページの本文へ

限定カラー「スパークリングレッド」が美しい

重低音を肌で感じるタブレット「HP Slate 7 Beats Special Edition」

2014年09月17日 11時00分更新

文● 鈴木誠史/ASCII.jp編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
「HP Slate 7 Beats Special Edition」

 日本ヒューレット・パッカードは9月17日、BeatsAudio対応でサウンドに特化した7型Androidタブレット「HP Slate 7 Beats Special Edition」を発表した。

 「HP Slate 7 Beats Special Edition」の最大の特徴は、ディスプレーの上下に配置したデュアルスピーカーだ。バスレフ型構造のスピーカーとなっており、迫力ある重低音を体感できるという。

背面には、滑りにくさが向上するというソフトタッチ処理が施されている本体に収納できる専用スタイラス「Direct Stylus」

 また、本体に収納できるスタイラス「Direct Stylus」が付属する。ペン先は2mmと細かな入力が可能だ。手のひらを認識するパームリジェクション機能を搭載し、手帳やお絵かきアプリに使用できる。

 CPUはTegra 4、メモリーは1GB、ストレージは16GB eMMCを搭載。ディスプレーは7型(1280×800ドット)IPS液晶で、IEEE 802.11 b/g/nとBluetooth 3.0に対応する。バッテリー駆動時間は約8時間だ。

 9月26日より販売を開始。直販サイト「HP Directplus」での価格は2万6784円からとなっている。

主なスペック
製品名HP Slate 7 Beats Special Edition
CPUNVIDIA Tegra 4
メモリー1GB
ストレージ16GB eMMC
ディスプレー7型(1280×800ドット)IPS液晶
バッテリー駆動時間約8時間
通信規格IEEE 802.11b/g/n、Bluetooth 3.0
内蔵カメラ前面:VGA Webcam、背面:約500万画素
内蔵センサー加速度センサー、デジタルコンパス、ジャイロセンサー、周辺光センサー、GPS
カラースパークリングレッド
サイズ/重量約幅200×奥行120×高さ9.9mm/約356g
OSAndroid 4.4
HP Directplus オンラインストア

カテゴリートップへ