このページの本文へ

「2014年第2四半期の脅威レポート」を発表

人事・財務部の8割はフィッシング詐欺を見抜けず! PCを乗っ取るマルウェア増加

2014年09月08日 20時31分更新

文● 花茂未来

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

MacAfee Labsが、「2014年第2四半期の脅威レポート」を発表

 マカフィーのセキュリティ研究機関であるMacAfee Labsは9月5日、「2014年第2四半期の脅威レポート」を発表した。

 調査では、ビジネスユーザーがオンライン詐欺を見抜けるかのテスト「McAfee Phishing Quiz」を実施。内容は、表示されたメールがフィッシング詐欺か本当のメールかを見極めるというものだ。

 結果は、回答者の80%が7件中1件のフィッシング詐欺メールを見抜けなかったとのこと。さらに、もっとも機密性の高い企業データを保有している財務部門と人事部門が、詐欺を見抜ける確率が一番低く、他に比べて4~9%下回っていたようだ。

 このほか、2014年に発覚したオープンソース暗号化ライブラリ「OpenSSD」のバグ「Heartbleed」(ハートブリード)によって盗まれたデータが、引き続きブラックマーケットで取引されていること。

 また、FBIとユーロポール(欧州刑事警察機構)が中心となって殲滅作戦を行っている、ネットバンキングでの不正送金に使用されているとみられる不正プログラム「Game Over Zeus」、感染したPCを乗っ取る「CryptoLocker」については多くが停止されつつも、これらの模倣マルウェアが増加していることがレポートされている。

カテゴリートップへ

5分で解説! あなたとスマホは狙われている

悩める一児の親が子どもと一緒にスマホ管理に挑戦! 「セーフ ファミリー」体験記

マカフィーバナー せきゅラボ研究結果

マカフィー リブセーフって何ができるの?


マカフィーバナー スマホとPCをサイバー攻撃から守る術

マカフィーバナー セキュリティ被害はあなたの半径1m以内でも起きる