このページの本文へ

最大24台のSAS/SATAドライブと接続可能な内部ポート搭載

PMCシエラ、12Gbps SAS対応のエクスパンダーカード発表

2014年08月28日 14時00分更新

文● TECH.ASCII.jp

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 8月28日、ピーエムシー・シエラ・ジャパンは、データセンタサーバー向けのSASエクスパンダーカード「Adaptec 82885T SASエクスパンダカード」を発表した。

Adaptec 82885T SASエクスパンダカード

 Adaptec 82885T SASエクスパンダカードは、業界初を謳う12Gbps SASエクスパンダカード。ロープロファイルのPCIeカード形状で、36ポートを搭載。最大24台のSAS/SATAドライブをファンアウト接続するための内部ポートと、1枚のRAIDアダプタやホストバスアダプタで、さらに大きな容量拡張のためのJBOD接続を可能にする8つの外部ポートを提供する。これによりサーバーの種類を削減し、データセンタの運用効率を増加させるモジュラー型パッシブバックプレーンアーキテクチャを可能にするという。

Adaptec 82885T SASエクスパンダカードの接続形態

 電源は4レーン以上のPCIeスロットまたは標準的な4ピンMolexコネクタから供給。25ワット未満でPCIeの消費電力制限に適合する。

 本製品は、2014年10月よりAdaptec正規代理店および、ストレージチャネルパートナーから購入できる予定となっている。

■関連サイト

カテゴリートップへ

ピックアップ