このページの本文へ

10年の集大成!? JVCのウッドコーンスピーカーシステム最上位モデル

2014年08月28日 15時38分更新

文● ASCII.jp編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
「EX-HR11」。フルレンジスピーカー2本とCD内蔵レシーバーのセットだ

「EX-HR11」。フルレンジスピーカー2本とCD内蔵レシーバーのセットだ

 JVCケンウッドは8月28日、ウッドコーンスピーカーを採用したミニコンポ最上位モデル「EX-HR11」を発表した。直販限定モデルで、9月17日に発売予定。販売価格は13万8000円(税抜)となる。

振動板に木材を採用するウッドコーンスピーカー。チェリー材の異方性振動板により音場が拡大

振動板に木材を採用するウッドコーンスピーカー。チェリー材の異方性振動板により音場が拡大

 今年6月に発売したフルレンジスピーカー採用の「EX-HR9」(関連記事)をベースに、さらなる高音質を追求したのが本製品。特にスピーカー部にいくつかの改良が加えられている。

左がEX-HR11、右がEX-HR9のスピーカーユニット。後ろのウッドブロックの大きさが異なる

 まず、スピーカーユニットの後ろに配置されたウッドブロックを変更。形状を変え、大型化し、かつメイプル材からレッドオーク材にした。これはさまざまな木材をいろいろな形に加工し、試聴を繰り返した結果、低音エネルギーの増大と不要な振動の低減を実現できたという。

スピーカーユニット前方上側にある(縦目)響棒

スピーカーユニット前方上側にある(縦目)響棒

熟成処理あり/なしで木材の色が異なる

熟成処理あり/なしで木材の色が異なる

 また、スピーカーユニット上方に配置されている響棒について、加熱処理による人工熟成を実施。上方向の空間表現力が増している。さらに、スピーカーユニット下部の響棒は厚みを変更するなどの施策を講じて、解像感の向上やより低い低音表現、音場表現の拡大などを図っている。

筒形のウッドボイスコイル。これとスピーカーユニットをつなぐ銅線も素材を変更

 ボイスコイルの綿糸線についても、従来のタフピッチ銅線から無酸素銅線(4N-OFC)に変更。これにより、透明感が増し、前方の空間表現も豊かになるという。

レシーバーのスペックはほぼ変わらない。CDやUSBメモリーなどの音源をハイレゾ相当に拡張する「K2テクノロジー」も利用可能だ

レシーバーのスペックはほぼ変わらない。CDやUSBメモリーなどの音源をハイレゾ相当に拡張する「K2テクノロジー」も利用可能だ

 レシーバー自体はほとんどEX-HR9と同じだが、内部のパーツや基板に振動吸収部材を貼り付けることで、音色やツヤ感、解像感を高めている。

 ウッドコーンスピーカーシステムは2003年に初の製品(EX-A1)が登場。シリーズ展開として10年を超えているが、セットステレオ市場が縮小する中、2013年には金額シェアで過去最高(11.3%)を記録。同社は新機種を含め、フルレンジスピーカー、2Wayスピーカー合わせて12モデルを展開するなど、息の長いプロダクトとなっている。

■関連サイト

カテゴリートップへ

週刊アスキー最新号

編集部のお勧め

ASCII倶楽部

ASCII.jp Focus

MITテクノロジーレビュー

  • 電撃オンライン - 電撃の総合ゲーム情報&雑誌情報サイト!
  • 電撃ホビーWEB - 電撃のホビー雑誌・書籍&ホビーニュースサイト
  • 電撃文庫 - 電撃文庫&電撃文庫MAGAZINEの公式サイト
  • 電撃屋.com - 電撃のアイテムを集めた公式ショッピングサイト!
  • アスキー・メディアワークス
  • 角川アスキー総合研究所
  • アスキーカード
  • アスキーの本と雑誌

不正商品にご注意ください!

アスキー・ビジネスセレクション

プレミアム実機レビュー

ピックアップ

電撃モバイルNEO バナー

デジタル用語辞典

ASCII.jp RSS2.0 配信中

今月のピックアップ動画