このページの本文へ

4Kの技術を盛り込んだフルHDテレビ「BRAVIA W900B」

2014年08月20日 13時10分更新

文● ASCII.jp編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
「BRAVIA KDL-42W900B」

「BRAVIA KDL-42W900B」

 ソニーが9月13日に発売する液晶テレビ「BRAVIA KDL-42W900B」は、4Kではなくプレミアム仕様のフルHDモデルとなる。ラインナップは42V型のみで、予想実売価格は15万円前後。

 世間では4Kテレビに注目が集まっているが、現状は液晶テレビ購入者の9割以上がフルHDモデルを選んでいるという。そんなフルHDのモデルに4Kモデルの技術を落とし込んだのが本製品だ。

背面の端子部。HDMI入力は4系統あるが、そのうち1つはMHLにも対応する

背面の端子部。HDMI入力は4系統あるが、そのうち1つはMHLにも対応する

 画像処理エンジンに4K BRAVIA(X9200B)と同じ「X-Reality PRO」を採用。明るい部分のバックライトを2倍の電流で発光させる「X-Tendes Dynamic Range」や、広色域技術の「トリミナスディスプレー」に対応し、4K BRAVIAの色彩感やくっきり感をフルHDモデルでも実現している。

 本体には10W+10Wのロングダクトスピーカーを内蔵。デジタルアンプの「S-Master」を搭載し、フロントサラウンド技術の「S-Force」や、ソニーおすすめの音質調整を行なう「ClearAudio+」といった信号処理により、高音質な音の再生が可能だ。

本体上部にカメラを搭載。Skypeのビデオ通話が可能だ

本体上部にカメラを搭載。Skypeのビデオ通話が可能だ

 無線LANを内蔵しており、「TV SideView」などの同社スマホアプリとの連携が可能。また、本体上部にカメラを搭載し、テレビを見ながらSkypeのビデオ通話を行なえる。

 リモコンはタッチパッドの搭載により直観的な操作が可能。また、高速起動設定にすることで、リモコンの電源ボタンを押して約1秒で画面表示ができる。このほか、地上デジとBS/CSデジタルのチューナーを2基ずつ搭載し、外付けUSB HDDへの裏番組録画も可能だ。

■関連サイト

カテゴリートップへ

週刊アスキー最新号

編集部のお勧め

ASCII倶楽部

ASCII.jp Focus

MITテクノロジーレビュー

  • 電撃オンライン - 電撃の総合ゲーム情報&雑誌情報サイト!
  • 電撃ホビーWEB - 電撃のホビー雑誌・書籍&ホビーニュースサイト
  • 電撃文庫 - 電撃文庫&電撃文庫MAGAZINEの公式サイト
  • 電撃屋.com - 電撃のアイテムを集めた公式ショッピングサイト!
  • アスキー・メディアワークス
  • 角川アスキー総合研究所
  • アスキーカード
  • アスキーの本と雑誌

不正商品にご注意ください!

アスキー・ビジネスセレクション

プレミアム実機レビュー

ピックアップ

電撃モバイルNEO バナー

デジタル用語辞典

ASCII.jp RSS2.0 配信中

今月のピックアップ動画