このページの本文へ

前へ 1 2 3 4 5 6 次へ

モナカもジェラートも80kcal! 開発の裏にはどんな秘密が……

グリコの80キロカロリーアイスの開発秘話を聞いてきた

2014年08月20日 09時00分更新

文● コジマ/ASCII.jp編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

アイスも、ジェラートも、モナカも、ぜ〜んぶ80kcalという、グリコの「カロリーコントロールアイス」シリーズ

80kcalなのに、おいしいアイスの謎を知りたくなった

 唐突ながら、筆者は「アスキー・ジャンク部」で、ジャンクフードやエナジードリンクを味わいまくっている。当然、気になるのがカロリーだ。いまのところ劇的に体重が増加しているわけではないが、いつガタがきてもおかしくはない。

 また、今のような暑い時期は、冷たいアイスが恋しくなるもの。しかし、これもカロリーが高い。風呂上がりのアイスを「食べるべきか、食べざるべきか」とシェイクスピアばりに悩んでいる人は、筆者だけではないだろう。

 そんな、カロリーで悩む人たちを救ってきたアイスがある。グリコのアイス「カロリーコントロールアイス」だ。なんと80kcalである。シャーベットやかき氷のような「氷菓」タイプではないのに、80kcal。しかも、モナカやジェラートタイプまで存在する。

80kcalなのにちゃんとアイスなんだもんなあ、やるなあ、と感心する筆者

 しかしながら、80kcalのアイス、そう簡単に作れるわけではないはずだ。作れるなら、もっと市場に他のメーカーの製品があふれているだろうし。開発の裏には相当な苦労があったのではないか? 一体どんな努力が隠されているというのか? そう思うと、いてもたってもいられなくなった。

 そこで今回は開発に深く携わった、江崎グリコ マーケティング本部 アイスクリームマーケティング部 ブランドマネージャー 田中国男さんに話を聞いてきた。低カロリーなのにおいしいアイス、その謎にじっくりせまっていく。


(次ページでは、「よう、こんなまずいもんができたなと思った」)

前へ 1 2 3 4 5 6 次へ

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jpメール アキバマガジン

クルマ情報byASCII

ピックアップ