このページの本文へ

30年ぶりにパイオニアからアナログターンテーブル新製品!

2014年07月17日 16時00分更新

文● ASCII.jp編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
パイオニアが約30年ぶりに本格的なアナログターンテーブルを発売!
パイオニアが約30年ぶりに本格的なアナログターンテーブルを発売!

 パイオニアは、DJ向けアナログターンテーブルの新製品「PLX-1000」を発表した。9月上旬発売予定で、予想実売価格は8万円前後。

 モーターとターンテーブルを直接つなぐ「ダイレクトドライブ方式」を採用するのが特徴。モーターは高トルクな仕様となっており、スタートボタンを押してから0.3秒で定速回転に達する。

ゴムとバネで抑振性を高めたインシュレーター部 ゴムとバネで抑振性を高めたインシュレーター部

 トーンアームの内部にはゴムチューブを採用することでハウリングを抑制。また、抑振性を高めるため、筐体の上部に亜鉛ダイキャストを、下部に厚さ9mmの振動抑制素材を採用。さらにインシュレーターのダンパー部分にゴムとバネを搭載する。

 プロのDJにヒアリングすることで最適な操作レイアウトを実現。±8%、±16%、±50%の3段階でテンポを調整可能なテンポコントロールを装備する。

音声ケーブルは脱着が可能 音声ケーブルは脱着が可能

 このほか、電源ケーブルと音声ケーブルは脱着が可能。RCA端子は同社の高級オーディオブランド製品「TAD」でも使用されている、金メッキが施された削り出しパーツを採用する。

発表会場では、PLX-1000を使用したDJ KENSEI氏によるDJパフォーマンスが行なわれた
発表会場では、PLX-1000を使用したDJ KENSEI氏によるDJパフォーマンスが行なわれた

■関連サイト

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン