このページの本文へ

前へ 1 2 3 4 5 次へ

アキバで恥をかかないための注目PCゲーム事情 第7回

気分は“攻殻”!? ハッキングを駆使して「ウォッチドッグス」で戦い抜け

2014年06月28日 11時00分更新

文● ASCII.jp編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 「アキバで恥をかかないための注目PCゲーム事情」は、毎月2回、注目のWindowsゲームを紹介していくという連載。今回は、オープンワールドアクションの注目作「ウォッチドッグス」を筆頭に、「シヴィライゼーション V」「A列車で行こう9 Version3.0」などジックリ遊べるゲームを揃えたのだ。

ハッキング技術とバイオレンスプレイで広大なシカゴを駆け巡る
「ウォッチドッグス」

「ctOS」のハッキングで情報やインフラを武器にしよう。監視カメラで敵の位置を把握したり無線通信を妨害したりできるのだ

 「ウォッチドッグス」は、広大なマップを駆け回れるオープンワールドタイプのアクションゲーム。舞台は、あらゆる物がネットワークにつながれた未来の大都市シカゴだ。しかも興味深いのが、住人の個人情報から監視カメラ/電力網/交通網/鉄道網など都市のインフラまで、すべて「ctOS」システムによって管理されているという驚くべき設定だ。

 プレーヤーが操る主人公エイデン・ピアースは、ハッカーとしての腕を生かした裏稼業でトラブルに巻き込まれ、敵の報復により命を落とした姪の復讐のために巨大な悪意に立ち向かうことになる。ctOSをハッキングすることで、必要な情報を入手したり、各種インフラをリアルタイムに制御したりなど、力押しだけではない柔軟さも必要となってくるのだ。

オンライン対戦もサポートしており、仲間とチームを組んでオンライン対戦が行なえる。敵を出し抜くのだ

犯罪を防ぐと、自警団として住人に信頼され警察に通報されにくくなる

 また、ゲーム本編、シーズンパス、限定コンテンツ(シングルプレイ「4つの限定ミッション」「ホワイトハッカーコスチューム」「ハッキングブースト」)がセットになったデラックス版も用意されるので、そちらも注目してほしい。


ウォッチドッグス
価格 6600円(税別、ダウンロード版)/デラックス版9000円(税別)
発売元 ユービーアイソフト
ジャンル アクション
発売日 6月26日
対応環境 Windows
URL http://www.ubisoft.co.jp/wd/

前へ 1 2 3 4 5 次へ

カテゴリートップへ

この連載の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jpメール アキバマガジン

クルマ情報byASCII

ピックアップ