このページの本文へ

上位モデルは税抜約110万円

日本で最も早く発売! 4K映像編集にも最適な「AMD FirePro W9100」搭載ワークステーション ―Mouse Pro

2014年06月25日 19時02分更新

文● 笛木/ASCII.jp編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

ハイエンドグラフィックカード「AMD FirePro W9100」を搭載で、4K映像編集に最適なワークステーションが発売開始 ※ディスプレーはオプション

 マウスコンピューターは6月25日、法人向けブランド「Mouse Pro」から、最新のハイエンドグラフィックスカード「AMD FirePro W9100」を搭載したワークステーション「MousePro-W720SF91S」と「MousePro-W720SF91X」を発表した。AMDとの協力なパートナーシップにより、日本国内で最も早い発売を実現したという。

 本製品の搭載する「AMD FirePro W9100」は、6系統のMini DisplayPortを持ち、最大6台の4Kディスプレーと接続できる。 ECC対応の16GBのGDDR5メモリーを採用し、4K映像の編集やカラーグレーディング時に極めて快適な描画レスポンスを実現するとしている。さらに、OpenCLの処理性能を重視した設計により、対応する映像編集系アプリケーションにおいて、レンダリング処理をより短時間で実行可能にするという。

「AMD FirePro W9100」

 「MousePro-W720SF91S」の主なスペックはCPUがXeon E5-2620v2(2.10GHz)で、32GB ECC対応メモリー、ストレージは256GB SSD+2TB HDD。「MousePro-W720SF91X」はCPUにXeon E5-2620v2(2.10GHz)を2基搭載し、64GB ECC対応メモリー、ストレージは512GB SSD+4TB HDD。OSはどちらのモデルもWindows 7 Professional(64ビット)だ。

 価格は「MousePro-W720SF91S」が94万8000円、「MousePro-W720SF91X」が109万8000円(どちらも税抜、送料別)。標準で1年間の無償ピックアップ保証、24時間365日電話サポートが付属している。

 6月25日15時より、同社のウェブサイトおよびダイレクトショップ、電話窓口にて販売・受注を開始している。

両製品の主なスペック

カテゴリートップへ