このページの本文へ

香港の投資ファンドが株式の一部を取得

パイオニア、ホームAV事業の一部をオンキヨーと統合へ。ブランドは継続

2014年06月24日 18時56分更新

文● ナカムラ/ASCII.jp編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
パイオニアは6月24日、ホームAV事業をの株式の一部をオンキヨーと投資ファンドに譲渡することに基本合意した。

 パイオニアは6月24日、ホームAV事業をの株式の一部をオンキヨーと投資ファンドに譲渡することに基本合意したと発表した。

 パイオニアの家庭用AV事業を手がけるパイオニアホームエレクトロニクス(PHE)の株式の51%を、香港の投資ファンド ベアリング・プライベート・エクイティ・アジアに売却。オンキヨーも一部取得する。パイオニアとオンキヨーのホームAV事業の機能の一部を統合することについても検討している。なお、両者のブランドは今後も維持するという。

 基本合意に至った経緯について、アナログ機器からデジタル機器への移行が進み、PCによる音楽再生やデジタルオーディオプレーヤー機器が普及する中、両社のブランド力や優れた技術など強みとなる経営資源を互いに有効活用し、コスト競争力を向上をさせていくためと説明している。

■Amazon.co.jpで購入

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン