このページの本文へ

ドコモとパイオニア、スマホに話しかけるナビを共同開発

2013年11月14日 23時54分更新

文● ASCII.jp編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 NTTドコモとパイオニアは今日14日、スマホに話しかけるだけでクラウド上で生成された渋滞情報、周辺情報、さらに運転中に便利な情報を教えてくれる新たなサービス「ドコモ ドライブネットインフォ」を共同開発したと発表した。

 「ドコモはモバイルの技術を応用してスマートライフの実現を目指す」とは最初にプレゼンテーションをしたNTTドコモ 代表取締役副社長 岩崎 文夫氏のコメント。ドライブネットインフォはナビゲーション機能はないものの、「しゃべってコンシェル」の音声認識エンジンを使てスマホに話しかけるだけで、渋滞情報や周辺情報を表示したり、スケジュールを確認したり、電話の発信やSMSの送受信など、マルチに活用できる。

カーナビとスマホの現状を語った、NTTドコモ 代表取締役副社長 岩崎文夫氏

「モバイルテレマティクスセンター」の説明をした、パイオニア 代表取締役兼社長執行役員 小谷 進氏

ドライブネットインフォのサービス概要を解説した、NTTドコモ M2Mビジネス部長 高原幸一氏

 クラウドデータはパイオニアが開発した自動車向けクラウド基盤「モバイルテレマティクスセンター」を利用する。車載器から蓄積してきたプローブデータや、今後増えるであろうスマホからの走行データなどを解析処理する「運転状況把握エンジン」で、個人に最適化された情報を表示してくれる。

 12月中旬からドコモのサービスとして無料で提供され、Google Playもしくはdマーケットからアプリをダウンロードして使う。今のところ、ドコモ以外のキャリアで利用することはできない。

 また、カーナビアプリ「ドコモ ドライブネット」がリニューアルし「ドコモ ドライブネットナビ」としてiOSにも対応するようになる。ドライブネットインフォは単体ではナビ機能がないため、カーナビとして使うならドライブネットインフォで検索したデータから、目的地までのナビゲーションをドライブネットナビで行なうという連携をする必要がある。なお、ドライブネットナビは月額315円。

 これらのアプリはスマホ単体でも使えるのだが、さらに機能を強化する車載クレードル「スマートフォンホルダ01」も発売予定だ。クレードル以外にハンドルに装着するリモコンも付属するので、ハンドルから手を離すことなく音声認識を立ち上げることができる。価格は4830円を予定。また、GSPレシーバーやジャイロセンサー、加速度センサーが一体化した「カーナビ用センサーユニット01」もオプションとして発売される。こちらは8000円強を予定している。

右の女性がスケジュールなどを教えてくれる

これがクレードルに付属してくるリモコン。大きいボタンを押せば音声認識が立ち上がる

ついにiPhoneにも対応! Android版と大きく違うのは、UIやデザイン。また、ドコモ回線以外では使えない

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン