このページの本文へ

今日発売の新型WiMAX 2+ルーターをさっそくイジった!

2014年06月20日 11時00分更新

文● ASCII.jp編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

WiMAX 2+とWiMAXが使えるモバイルルーター
「Wi-Fi WALKER WiMAX 2+ NAD11」をフォトレポ!

 UQコミュニケーションズは、12日に発表したばかりの「WiMAX 2+」対応の新型モバイルルーター「Wi-Fi WALKER WiMAX 2+ NAD11」(NECアクセステクニカ製)を今日20日発売した。

 NECアクセステクニカ製のWiMAXルーターは薄かったりデザインが凝っていたりと、個性的なものが多いが、このNAD11も例外ではない。WiMAXとWiMAX 2+という2つのサービスに対応しながら、厚さはなんと8.2mm! そして重さは81gと、まさにモバイルに適したルーターなのだ。なお、先行して発売されている「HWD14」と違うのは、auの4G LTEに対応していない点。これがどのように影響するのかは、後日レビューでお届けする予定だ。

 本体サイズは約109×65×8.2mm。バッテリー容量は2100mAhで、連続通信時間はWiMAX利用時が約630分、WiMAX 2+利用時は約420分。無線LANは5GHz帯のIEEE802.11acに対応するのも特長だ。カラバリはホワイトとブラックの2色。今回はブラックを借りられたので、写真とともにレポートしよう。

 なお、料金プランは、2年契約が前提の「UQ Flatツープラス」が適用される。これは、25ヵ月間は月3696円(税抜、3年目以降は月4196円)で、最初の25ヵ月間はWiMAX 2+とWiMAXで通信できる「ハイスピードモード」でも通信量制限ナシ。端末価格は「UQ Flatツープラス おトク割」適用時だと2800円、クレードルが同梱されるクレードルセットは4800円。

 スマートフォンとの連携も重視しており、休止状態からAndroid/iOS対応アプリからの操作で、約8秒で利用可能になる。このスマホから起動可能な休止状態での連続待受時間は約300時間である。さらに別売の専用クレードルにセットすると、自宅の固定回線の無線アクセスポイントとして、もしくはWiMAX回線を有線/無線LAN経由で自宅の複数機器で共有して利用することができる。

ブラックは光沢処理がしてあり、高級感のあるデザイン。ホワイトモデルも用意される
こう見ると本当に薄い。折れてしまわないか心配になるほど薄い。しかし、ハードキーはmicroUSB端子などはしっかり配置されている
左右にはスイッチや端子はないが、ストラップホールが用意されている
背面カバーを外すことができるので、電池パック交換も可能小さい液晶ディスプレーに必要最低限の情報が表示される
SETキー(小さいほう)を押していくと、情報メニューが切り替わる
SSIDやパスワードもここに表示される。ちょっと操作感が変わっていて、SETキーを短く押すとメニュー切り替え、長押しで決定する11ac対応のau「isai」と繋いで速度テスト。編集部は高層階なのでちょっと厳しいかと思いきや、なかなかの速度が出ている
microUSB端子はこの薄さにギリギリ収まっているさすがに名刺よりは大きいが、それでもコンパクト&軽量には変わりない
クレードルが同梱されるセットもあるので、自宅で固定回線代わりに使いたい人は迷わずこちらを!

■関連サイト

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン