このページの本文へ

前へ 1 2 次へ

OneDriveの容量は今後1TBに増加

国内170万ユーザー突破、教育機関で「Office 365」の導入進む

2014年05月22日 17時20分更新

文● 貝塚怜/ASCII.jp編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 日本マイクロソフトは5月22日記者向けに説明会を開催、教育機関向けクラウドサービス「Office 365 Education」の国内利用者が170万を突破したことを発表した。

 Office 365 Educationは教職員、児童、生徒、学生用のメール「Exchange Online」、ウェブ会議「Lync Online」、MS Officeによるドキュメント作成・編集「Office Web App」などを含むサブスクリプション型のクラウドグループウェアで、教育機関には2012年6月より無償(プラン A2)で提供されている。(ボイスメールや高度なセキュリティー機能の利用できる有料版「プラン A3」「プラン A4」もあり)

 同社の調べによれば、教育機関向けクラウドサービスとしては、170万ユーザーの利用は国内最大規模。高等教育機関(大学、 大学院、短期大学、高等専門学校、専門学校)では3人に1人が利用している計算になるという。

 普及の背景について、同社では「機能性の豊かさ」「国内法を適用していること」「費用削減効果」「教育機関として学生サービスの充実を図れること」「広告目的での個人データの収集をしていないこと」が主な理由としてあげられると分析している。

前へ 1 2 次へ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン