このページの本文へ

Citrix XenAppとNetScalerを用い た新日鉄住金ソリューションズのサービス

丸紅、海外7000人を想定したアプリケーション仮想化の導入

2014年05月15日 14時00分更新

文● TECH.ASCII.jp

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 新日鉄住金ソリューションズとシトリックス・システムズ・ジャパンは、丸紅にアプリケーション仮想化基盤を導入したことを発表した。両社の協業により構築されたアプリケーション仮想化基盤は、「Citrix XenApp」「Citrix NetScaler」を用いた新日鉄住金ソリューションズの「M3DaaS(エムキューブダース)@absonne(アブソンヌ)」のアーキテクチャに基づいている。

 丸紅では、さまざまなコミュニケーションツールの登場やクラウドサービスの拡大という進化の中で、海外を含めた生産性向上とワークスタイル変革の実現に向け、2010年からIT環境の整備を進めてきた。一方で、メール、グループウェアなどのクラウドサービス化をモバイル環境からの利用する際、情報漏えいの対策としてメール添付の参照が制限され、業務効率が阻害されるという課題が生じていたという。

 今回、モバイル環境からの「セキュリティ」と「利便性」の相反する2つの課題の対応に向けてXenApp、ICAプロキシ機能を有するNetScalerを利用したシステムを構築することとし、仮想デスクトップソリューション「M3DaaS@absonne」での実績の豊富な新日鉄住金ソリューションズの採用を決定した。

 これにより、出張先や自宅から、BYOD端末でのアクセスにおいても、すべてのデータをセキュアなサーバ環境内でアクセスできる仕組みを実現。特に外出や海外出張の多い営業部門の社員は、空港やホテルなどからXenAppを経由してメールサーバーやファイルサーバーへ安全にアクセスができるようになり、オフィスに戻らないとできない業務が大幅に減少し、場所にとらわれないワークスタイルの実現にも寄与しているという。

 今回の新しい情報基盤は、現在国内を中心とする社員4000人強が活用しており、海外・グループ会社を含む7000人を対象に利用を拡大していくという。また、メールやファイルサーバーなどの情報基盤に加え、業務アプリケーションもアプリケーション仮想化することで、一層の利便性向上を図るとともに、PCだけでなくBYOD端末のスマートフォンやタブレットからでもセキュアにアクセスできる環境を整える計画となっている。

カテゴリートップへ

ピックアップ