このページの本文へ

標準搭載OSがWindows 8.1に変更され、Windows 7も選択可能

Haswell Refresh最速のCore i7-4790搭載!「ALIENWARE X51」2014年夏モデル

2014年05月13日 18時13分更新

文● 松野/ASCII.jp編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
Haswell Refresh世代のCore i7-4790を搭載可能な「ALIENWARE X51」

 デルは5月13日、ゲーミングPCブランド「ALIENWARE」の2014年夏モデルとして、デスクトップPC「ALIENWARE X51」の販売を開始した。

 ALIENWARE X51は、ACアダプターによる電源供給などにより小型化を実現したゲーミングPC。従来モデルからCPUが強化されており、最上位モデルでは第4世代Coreプロセッサーの最新モデル「Haswell Refresh(コードネーム)」の最上位製品であるCore i7-4790(3.60GHz)を搭載している。2014年春モデルから追加された、AMD製のRadeon R9 270を搭載したモデルも販売が継続される。

 また、標準OSがWindows 8.1へ変更され、日本語版と英語版のいずれかを選択できる。カスタマイズオプションとして、引き続き「Windows 7 Home Premium」も選択可能だという。

 構成の異なる全4モデルをラインナップし、価格は9万4800円~16万4800円。

各モデルのスペック

■関連サイト

カテゴリートップへ

ASCII.jpおすすめパック
製品ラインナップ
インテルバナー