このページの本文へ

SSD併載で高速化も

GeForce GTX 760とHaswell Refreshで12万円台のデスクトップ「MDV-GZ7500X」

2014年05月13日 16時30分更新

文● 鈴木誠史/ASCII.jp編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

Core i7-4790、GeForce GTX760を搭載する「MDV-GZ7500X」

 マウスコンピューターは5月13日、ハイエンドデスクトップPC「MDV-ADVANCEシリーズ」の最新モデルとして、GeForce GTX760を搭載した「MDV-GZ7500X」「MDV-GZ7500X-M2」を発売した。

 両製品とも、CPUに「Haswell Refresh」のCore i7-4790、16GBメモリーを採用。GPUに最新のGeForce GTX760を搭載する。ストレージは「MDV-GZ7500X」が1TB HDDで、「MDV-GZ7500X-M2」が1TB HDDと256GB SSDを併載する。

 「MDV-GZ7500X」の価格は12万9800円(税別、以下同)。「MDV-GZ7500X-M2」が16万9800円となる。

 本製品はBTOに対応しており、HDDは最大5TB、SSDは最大512GBまで変更できる。HDDとSSDの併載も可能だ。

 5月13日15時より同社のホームページおよびダイレクトショップ、電話窓口にて受注を開始している。

「MDV-GZ7500X」、「MDV-GZ7500X-M2」の主なスペック


カテゴリートップへ