このページの本文へ

BTOでメモリーのアップグレードやSSDの併載が可能

Haswell Refreshと新チップセット搭載の7万円台デスクトップ「LM-iH310X2」

2014年05月13日 18時03分更新

文● 八尋/ASCII.jp編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

5月11日に発売したばかりの「Haswell Refresh」を搭載するミニタワーPC「LM-iH310X2」

 マウスコンピューターは5月13日、Haswell Refreshを搭載するデスクトップPC「LM-iH310X2」を発表した。価格は7万9800円。

 LM-iH310X2は、インテルが5月11日に発表した最新Coreプロセッサーの中でも、最上位にあたる「Core i7 4790(3.60GHz)」を採用するミニタワーPCだ。チップセットも同時に登場した「インテル H97 Express チップセット」を搭載している。メモリーは8GB、ストレージは500GB。OSはWindows 8.1(64ビット)だ。

 本機はBTOに対応し、メモリーやHDDのアップグレード、SSDの併載などが可能だ。周辺機器の同時購入もできる。3月15日の15時より、同社のホームページ及びダイレクトショップ、電話窓口にて受注を開始する。

LM-iH310X2の主なスペック

カテゴリートップへ