このページの本文へ

「Amazon Woman」の利用、5割以上がスマホで

2014年05月13日 01時21分更新

記事提供:WPJ

  • この記事をはてなブックマークに追加
本文印刷

image Amazon.co.jpは5月12日、4月にオープンした女性向けストア「Amazon Woman」の顧客のショッピング傾向を発表した。

 調査によると、顧客の約55%がスマートフォン、45%がパソコンから「Amazon Woman」を利用していることが分かった。

 また、ストア内で提案している6つのペルソナ(テーマ)の中で、インプレッション数と売上の両ランキングの人気1位は「ワーキングママ」、2位「恋・婚活ガール」、3位「セレブ志向」、4位「専業ママ」となった。これらの結果から同サイトでは、働きながら子育てをしている“ワーキングママ”の利用割合が多いことが分かった。 

 「ワーキングママ」と「恋・婚活ガール」をチェックしたスマートフォンからの利用は75%以上。既婚・未婚を問わず、忙しい女性が有効かつ手軽に時間を使うため、スマートフォンで情報検索やオンラインショッピングを行うことが定着している傾向が見られる。

 調査期間は4月1日から31日。

Web Professionalトップへ

Web Professionalトップページバナー

WebProfessional 新着記事

ASCII.jp会員サービス 週刊Web Professional登録

Webディレクター江口明日香が行く