このページの本文へ

機体整備・航空貨物取り扱いの現場作業を遠隔地から後方支援

野村総研とJAL、機体整備などの現場でGoogleGlassの実証実験を開始

2014年05月02日 15時08分更新

文● 行正和義

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

Google Glassを着用した整備士

 日本航空(JAL)と野村総合研究所(野村総研)は、5月1日より米ホノルル空港において、Google Glassなどをはじめとしたウェアラブルデバイス利用の実証実験を開始した

Google Glass

 航空機の整備作業や貨物の搭降載作業を効率的にかつ確実に実施するシステムの導入を目指したもので、Google Glassやセンサー搭載グローブなどを併用し、遠隔地にいるスタッフが現場の支援すると同時に、ハンズフリー作業環境による現場作業の効率向上を図る。

グローブ型ウェアラブルシステム 

 野村総研では、企業と共同で新サービスの創出を目指す「NRI未来ガレージ」の一環として参画し、実際の空港の現場に必要なユーザーインターフェースの最適化などを進め、JALの安全な運航管理業務とサービスの実現を目指すという。

 なお、現在はGoogle Glassのサービス提供は米国内のみということもあり、実証実験もホノルル空港でのみ行われる。

■Amazon.co.jpで購入

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン