このページの本文へ

デスクトップとスタート画面がさらにシームレスに

Windows 8.1 Update4月8日提供開始。マウス&キーボードでの操作性アップ

2014年04月03日 04時30分更新

文● ASCII.jp編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
Windows 8.1 Updateが4月2日提供開始

 米マイクロソフトは現地時間の4月2日、「BUILD 2014」の基調講演にてWindows 8.1 Updateを4月8日より提供すると発表した。価格は無料で、Windows Updateを通しての提供となる。

 アップデート版のWindows 8.1は、スタート画面と「デスクトップ」がよりシームレスにつながった仕様が特徴。デスクトップモードでは、タスクバーにWindowsストアアプリを登録し、起動・切り替えができるようにしている。

スタート画面にもタスクバーが出現右クリックでメニューを開ける

 スタート画面では、新たに電源ボタンと検索ボタンが追加されたほか、右クリックでのコンテキストメニュー表示に対応している。スタート画面からアプリを右クリックし、タスクバーに固定したり、サイズを変更したりといった操作が可能になった。またデモンストレーションでは、スタート画面で左端にポインターを合わせた際、Windowsロゴとともにタスクバーが同時に浮き上がる様子も確認できた。同社のコーポレートバイスプレジデント Joe Belfiore氏は、マウスおよびキーボードによる操作の快適性を高めていることを強調していた。

 設計を見直し、より“軽い”OSになったことも大きな特徴。1GBのメモリーと16GBのストレージで動作可能だという。Windows公式チャンネルが公開している以下の動画も参考にしてほしい。

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン