このページの本文へ

3月中旬からサンプル出荷開始

東芝、毎分1万5000回転で600GBの2.5型HDDを発表、業界最大の容量をうたう

2014年03月04日 14時21分更新

文● 西牧裕太/ASCII.jp編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
写真はAL13SXBシリーズの製品

 東芝は3月4日、毎分1万5000回転で最大記憶容量600GBの2.5型HDD「AL13SXBシリーズ」および、暗号機能付きの「AL13SXQシリーズ」を発表した。3月中旬からサンプル出荷を開始する。

 本製品はサーバーシステムや大規模ストレージ装置向けのHDDで、1万5000回転のエンタープライズ製品としては業界最大クラスの容量をうたう。ディスク媒体の磁気記録層とヘッドの機能向上により高記録密度化を図り、従来機種「MK3001GRR」シリーズと比べ2倍の容量を実現。またデータ転送速度は約19~27%、エネルギー消費効率は約40%向上したという。

 AL13SXQシリーズはAES256暗号アルゴリズムを使い、TCG enterprise SSC規格準拠の暗号機能を搭載。さらに、政府機関での使用を想定し、一部のモデルにおいて米国政府のコンピュータ安全規格である「FIPS 140-2」認証取得の準備を進めている。

 AL13SXBシリーズの一部製品についても、廃棄や再利用時に記録されているデータを短時間で無効化する「Sanitize Device Feature set」を搭載している。

 また、「AL13SXBxxxA/E」「AL13SXBxxxAY/EY」「AL13SXQxxxA/E」「AL13SXQxxxAB/EB」の4製品は、予期しない電源遮断時にもキャッシュにある未記録のデータを磁気記録メディアに書き込む技術が盛り込まれている。これにより、データを失う危険を回避することができ、システムの信頼性向上が図れるという。

 容量は両シリーズともに300GB/450GB/600GBを用意している。


■Amazon.co.jpで購入【関連製品】

■関連サイト

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン