このページの本文へ

東芝「MG04ACA500」、「MD04ACA500」

2万円台で購入可能な、東芝の5TB HDDが2製品同時発売

2014年02月20日 22時21分更新

文● 山県

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 容量5TBのSerial ATA対応HDD「MG04ACA500」と「MD04ACA500」が東芝から登場、明日21日から販売がスタートする。

ヘリウムガス充填型以外のHDDとしては業界最大の記憶容量を実現した容量5TBのSerial ATA対応HDD「MG04ACA500」と「MD04ACA500」

 大容量HDDといえば、先日発売されたHGST「Ultrastar He6」シリーズが挙げられるが、こちらは空気よりも軽い(密度の低い)ヘリウムをHDD内に充填することによりディスク回転の際の抵抗を軽減、省電力化しているのが特徴だった。
 今回発売されたのは、ヘリウムガス充填型以外のHDDとしては業界最大の記憶容量を実現したもので、ディスク媒体の磁気記録層とヘッドの機能向上により高記録密度化。プラッターあたりの容量は最大1TBで、従来機種に比べデータ転送速度が約24%高速化し、エネルギー消費効率が約20%向上したとしている(関連記事)。

高耐久なニアライン向け「MG04ACA500」。平均故障間隔は120万時間というスペック

 登場したのは高耐久なニアライン向け「MG04ACA500」と、クライアント向け「MD04ACA500」の2モデル。いずれも、インターフェースはSATA3.0(6Gbps)、回転数は7200rpm、キャッシュ容量は128MB。「MG04ACA500」は、平均待ち時間4.17ms、平均シーク時間が読み込み8.5ms/、書き込み9.5ms、最大連続転送速度205MB/sec。消費電力はアクセス時11.3W、アイドル時6.0Wで、平均故障間隔は120万時間というスペック。「MD04ACA500」の詳細スペックについては不明となっている。
 価格および販売ショップは以下の通り。「MD04ACA500」は2万円台からとなっており、比較的他が手が出しやすい価格設定で人気となりそうな雰囲気だ。

「MD04ACA500」は2万円台からとなっており、比較的他が手が出しやすい価格設定で人気となりそう
価格ショップ
「MG04ACA500」
¥44,800ツクモパソコン本店
TSUKUMO eX.
¥47,800BUY MORE秋葉原本店
¥49,980ドスパラ パーツ館
「MG04ACA500」
¥29,800BUY MORE秋葉原本店
ツクモパソコン本店
TSUKUMO eX.

【関連サイト】

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事
ピックアップ

ASCII.jpメール アキバマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中