このページの本文へ

周波数特性5Hz~54kHz、木製のヘッドフォンスタンドが付属

AKG、53mm大口径ドライバー搭載の最上位モニタリングヘッドフォン「K812」

2014年02月10日 20時01分更新

文● 松野/ASCII.jp編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 ヒビノは2月14日より、AKGのオープンエアー型ヘッドフォン「K812」を発売する。

 K812は、音楽制作の現場における高い精度のモニタリングのために開発されたフラッグシップモデル。周波数特性は5Hz~54kHzで、感度は96dB/mW、インピーダンスは36Ω、ハイレゾ音源の再生にも対応する。新設計のドライバーはAKG製品最大の直径53mmで、磁束密度1.5テスラの強力な磁気回路を備える。銅被膜アルミニウムを使用した2層構造のボイスコイル、複合材を使用したダイヤフラムを内蔵。ダイヤフラムの中心部には、筒状のパーツを近接させたエアフロー・ドーム構造を設け、ハウジングへ抜ける空気の流れを制御しているという。

 アラウンドイヤータイプのイヤーパッドは、耳の裏側に接する面積を増やした立体構造に加え、耳の周囲と接する面の形状を保持するという3Dスローリテンション技術を採用し、本革のような質感の機能素材「プロテインレザー」を使用している。ヘッドバンドはオープンメッシュ構造で、長さは11段階に調節可能。筐体にアルミダイキャストを採用し、防錆効果をもつアルマイト処理を施す。

 重量は398g(ケーブル除く)。木製のヘッドフォンスタンドが付属。価格はオープン。

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン