このページの本文へ

家の間取りやデザインをSNSを通してみんなで設計

メガソフト、SNS対応マイホームデザイナー最新版を発表

2014年01月15日 19時41分更新

文● 行正和義

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

3Dマイホームデザイナー12

 メガソフトは1月15日、住宅間取りデザインソフト「マイホームデザイナー」の最新版「3Dマイホームデザイナー12」を発表、2月3日発売する。

Facebookでみんなのコメントを受けながらデザインすることができる

 「3Dマイホームデザイナー12」は、家や屋内の間取りをデザインするパーソナル向けのソフト。最新版12になって、SNSに対応して家族や友人とコミニュケーションしながらデザインすることができるようになった。

操作性も向上し、間取りをデザインすれば3Dで完成予想図を見ることができる

 従来バージョンと同様に、マウス操作で間取りを自由に設計、さまざまな家具を置き、完成した住宅は外観や内装を3Dで表示できる。新たな機能として、間取りや予想図をブログやFacebookに投稿、家族や友人が自由にコメント、または体験者のコメントを受け付けることができる。専用のFacebookページも設けられるほか、家づくり情報サイト「イエマガ」とも連携する。

夢のマイホームをオリジナル設計で楽しむことも

 このほか新機能として、クラウド上にある実在のメーカーによる建築素材や家具の3Dデータを利用可能、レンガや階段などの設計、壁紙のテクスチャ貼りの自動化など操作性が向上したほか、設計してから家が建つまでがアニメーションするなど使っていて楽しいものとなった。

 対応OSはWindow 8.1/8/7/Vista/XP(32bitアプリケーションとして動作)。価格は1万2500円(税別)

■Amazon.co.jpで購入【従来バージョン】

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン