このページの本文へ

米Google、今度はBackLinks.comのリンクネットワークに制裁

文●渡辺隆広/SEMリサーチ

2013年12月17日 00時11分更新

記事提供:SEMリサーチ

  • この記事をはてなブックマークに追加
本文印刷

米Google、今度はBackLinks.comのリンクネットワークに制裁

米GoogleウェブスパムチームトップのMatt Cutts氏が、今週も新たに特定のリンクネットワークを無効にしたことをTwitterで公表した。

今回、Googleから"制裁"を受けたリンクネットワークは BackLinks.com。このリンクネットワークも検索順位を操作する目的で構築された、ブラックハット(迷惑手法)なリンクネットワーク。同サイトはGoogleに補足されないことを自慢としていたが、あっさりとGoogleに発見され、対処されたようだ。

Googleは先週もAnglo Rankというリンクネットワークサービスを遮断するなど、立て続けに複数の検索順位操作目的のリンク発信ネットワークを検索結果から排除している。未だに外部からのリンク購入に依存して検索トラフィックを獲得している企業は、Googleが対策に力を入れており、永続的な効果はまず望めないことを理解しておくと良いだろう。


Backlinks.com Just Got Hit! Cutts Tweet
http://www.blackhatworld.com/blackhat-seo/black-hat-seo/631884-backlinks-com-just-got-hit-cutts-tweet.html


#
外部リンク販売ビジネスは、もう無理だと思うんですよ。日本でも某企業が中国やタイの拠点でスパムリンクを大量生産して日本に輸出するグローバルな?SEOビジネスを試みましたが見事に失敗しましたし。クラウドソーシングでライターを集めてしょうもないコンテンツを大量生産させるビジネスにシフトしつつある企業もあるようですが、ゴミコンテンツを大量生産するビジネスも長く続かないのは明らかでしょう。

カテゴリートップへ

WebProfessional 新着記事

ASCII.jp会員サービス 週刊Web Professional登録

Webディレクター江口明日香が行く