このページの本文へ

危険です、歩きスマホ

NTTドコモ、「歩きスマホ防止機能」を無料提供

2013年12月04日 14時59分更新

文● 行正和義

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
歩行中であることを検知し警告画面を表示

 NTTドコモは12月3日、現在提供中の「あんしんモード」に「歩きスマホ防止機能」を追加、12月5より無料で提供を開始する。

 「歩きスマホ防止機能」は加速度センサによって歩行中であることを検出して警告画面を表示、警告画面表示中はスマホの操作をできなくなる。立ち止まった場合や、画面表示の「閉じる」をタップすれば約10秒間、電源ボタンを長押しした場合は5秒間の間で警告画面が消えるしくみになっている。

歩きながらの操作が危険であることは間違いないが「閉じる」を押せば10秒使えるなど緊急時にある程度操作できる手段が用意されている

 機能はドコモの「あんしんモード」の最新版(Ver.3.10)から利用可能で、設定内で「歩きスマホ防止器機能」をONにする。歩行検知の感度は3段階に設定可能。対応機種はドコモ製スマホおよびタブレットのAndroid4.1以降のモデル。

■Amazon.co.jpで購入

■関連サイト

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン