このページの本文へ

目指せ王座奪還! 初音ミクGTプロジェクト2013 第35回

ミクGTプロジェクト、2013年のレースはすべて終了!

2013年11月28日 16時00分更新

文● 末岡大祐/ASCII.jp編集部 写真●鉄谷康博、加藤公丸、原 勝弘

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

谷口選手、怒濤の追い上げ!
第2レースはなんと3位表彰台!

 そして決勝第2レースは谷口選手がステアリングを握った。谷口選手も今年最後のGTだが、このミクZ4が走るのもこれが最後となる。8番グリッドと決して良いとは言えないスタートだったが、そこは百戦錬磨の谷口選手。序盤の混乱を制して1周目で6位に、4周目に5位まで上がっていた。その後、1位を走っていた#3 NDDP GT-Rがジャンプスタートのためドライブスルーペナルティーに、さらに2位争いをしていた#35 NISMO ATHLETE GT-Rがタイヤにトラブルを抱えて緊急ピットイン。自動的に順位が2つ上がり、レース終盤に4位にまで上がった。

 ペースが上がらなくなって順位を落としてきていた#55 ARTA CR-Zを谷口選手はロックオン。抜くチャンスを虎視眈々を狙い、19周目についに3位へ! 表彰台圏内を獲得したのだった。とはいえレースは22周中19周が終わっているので、かなりの差で先を行く1位の#2 エヴァマクラーレンと#11 ゲイナー SLSには追いつけない。そのまま3位を守ってチェッカーを受けたのだった。

 今年最後のレースを表彰台で締めくくったGSR&Studie with TeamUKYO。今シーズンは浮き沈みが激しかったものの、かなり面白いレースを見せてもらった。来年の活動はまだ未定だが、今年以上に面白いシーズンを楽しみに、来年の参戦発表を待とう!

カテゴリートップへ

この連載の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jpメール アキバマガジン

クルマ情報byASCII

ピックアップ