このページの本文へ

ゆでたまご氏監修

ファミマの「キン肉マン」中華まん第2弾は再現度にこだわった「ラーメンまん」

2013年11月26日 19時36分更新

文● 菅谷/ASCII.jp編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
ラーメンまん(担担風)、再現度にこだわった自信作

 ファミリーマートが11月26日、マンガ「キン肉マン」の登場キャラクター、ラーメンマンをイメージした「ラーメンまん(担担風)」を発表した。11月に発売されたウォーズマンに続く第2弾となる、

 キン肉マンは、キン肉マンことキン肉スグルが、仲間と共に次々と立ちはだかる強敵とリング上で戦っていくゆでたまご氏によるプロレス系格闘マンガだ。ラーメンマンは中国拳法を操る中国・河南省出身の超人。面長な顔に、頭頂で結った弁髪と細長いどじょう髭、額の「中」マークが特徴だ。第20回、21回の超人オリンピック4位、中国超人武術大会第30回連続優勝など獲得タイトル多数の実力者でもある。

 本商品は、ファミリーマート商品開発担当者の熱い想いから、ゆでたまご氏に依頼し商品化が実現したという。そのためか、ラーメンまん(担担風)の再現度は非常に高い。形や色合いや表情まで、ゆでたまご氏が監修しアドバイス。トレードマークの髭や辮髪は、黒色の生地を使用し、忠実に再現している。なお、気になる味は、子どもでも食べやすいようにと辛さを抑えたマイルドな担担麺を使用している。

 ラーメンまん(担担風)の価格は180円。12月3日から全国のファミリーマートで販売される。また、2014年1月中旬には人気の高いキャラクターが登場予定と予告されており、こちらにも注目したい。

■Amazon.co.jpで購入

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jpメール アキバマガジン

クルマ情報byASCII

ピックアップ