このページの本文へ

週アスが贈る、超豪華付録ムック第1弾!「マジカル置くだけスピーカー」

えっマジ! 置くだけでケーブル接続もペアリングも不要のスマホスピーカー

2013年11月20日 22時11分更新

文● ASCII.jp編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

ASCII.jp編集部の若手、コジマに持たせてみた。コンパクトである

 「週刊アスキー」では年に数回、様々な付録が付き、いずれも好評を博している。そして11月25日に満を持して、これまでのノウハウを活かした超豪華付録ムックを刊行するはこびとなった。第1弾はスマホを置くだけで大音量を奏でるスピーカー、「マジカル置くだけ! スピーカー」である。

Image from Amazon.co.jp
スピーカー付 週アス デジタルガジェットシリーズ01 スマホの音楽を256倍楽しむ「マジカル置くだけ! スピーカー」 (アスキームック)

 なんといっても、置くだけでいいという手軽さが最大の特徴だ。本体のセンサー近くの電流を増幅して音を出すという原理で、スマホ以外にもタブレットやゲーム機など、スピーカーがある端末で使える。ケーブルも不要、Bluetoothも不要。マジカルなのである。

 いまやスマホを持っていない人のほうが珍しいのではないかと思われる昨今。高級なオーディオセットはさすがに大げさすぎる、だけどたまにはスマホの音楽やYouTubeの動画などをスピーカーで聴きたい、といったシーンも少なからずあるものだろう。

 しかし、部屋掃除のときに大きい音で音楽を流したい、外でのレジャーだからそれなりの音量が欲しい……などというときに、その都度ケーブルを繋いだり、大きな装置を用意したりするのは地味に面倒。そこでこのスピーカーの出番というわけだ。

ケーブル不要! ペアリングも不要! スマホを置くだけで音楽を256倍楽しめる「マジカル置くだけ! スピーカー」とはコイツのことだ

さっそく「ケーブルを刺そうにも端子がないし、ペアリングもできないんですが……」と戸惑う。だから置くだけでいいって言ってるだろ!

「そんなことは知っていました。電池を入れればいいんですよね」と慌てて取り繕いだす情けない若手。単3電池をセットする

 動作に必要なのは単3電池3個のみ(約8〜10時間駆動)で、コンセントから給電する必要はない。ちなみに音を拾うセンサーは本体のASCIIロゴ付近にあるため、スマホの置く向きに気をつけないとうまく音を拾えないので注意。とはいえ位置を厳密に合わせないとダメというわけではなく、あくまでセンサーにスピーカーを近付けてね……という程度である。

白と黒の可愛らしいデザインだが、端子の類は一切なし。あるのはオン/オフスイッチと電池を入れる裏蓋のみ

電池を入れたらスイッチをオンにするだけ。本体上部のセンサーに音が出るように置く必要があり、たとえば底面にスピーカーがあるiPhone 5sなら、画像のようにASCIIロゴ付近に底面が来るようにする

 使ってみた感想だが、本当に音が大きくなって、すごいと思った。……と書くと小学生並みの感想で恐縮なのだが、確かにスマホを置くだけで、本体のスピーカーユニットから音が出てくるのには正直驚かされた。使う前は電気的に増幅したようなガリガリとした音が出てきたらどうしようと心配していたが、いざ試してみると、音が大きく膨らむような感じの印象を受けた。

置くだけで本当にスピーカーユニットから音が出る。音をふっくらと大きくしている感じ、といえばいいだろうか

 それにつけても便利なのは、ケーブルもBluetoothも必要なしの手軽さだ。いちいち繋ぎ直したりペアリングを切り替えたりせずとも、スマホをひょいっと乗せるだけでいい。

 しかもスマホだけではなく、スピーカーで音を出す物ならタブレットやゲーム機、はてはヘッドホンなどでも利用できるのも面白いところ。対象が本体に乗りさえすれば、どんどん大きい音にできるのだ。

着信音も大音量にできる。この状態にしておけば、電話やメールの着信を聞き漏らす心配はない

それほど大きな音が出ないボイスレコーダーなどでも、置くだけで大音量になる

 単体ではあまり大きな音が出ないものを大音量にできるので、その性質を活かした使い方もありそうだ。たとえばキッチンで料理していて、汚したくないのでリビングにスマホを置きっぱなし。でも着信音に気付かないかも……というような場合、置くだけスピーカーの上に置いておけば、メガホンのように大音量で着信を知らせてくれる。

必要な場面があるかどうかはともかく、イヤホンやヘッドホンから出した音を増幅させることもできる

 音が出るものならなんでも大音量にできるのが魅力であり、レジャーだけでなく、使い方次第で役立つ場面は多そう。シンプルに使えて、かつ楽しいこのスピーカー、見逃す手はありませんよ。

■Amazon.co.jpで購入

■関連サイト

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン