このページの本文へ

AMDが「Radeon R9/R7×Battlefield4 発売記念体験会」を開催

2013年11月10日 19時36分更新

文● ASCII.jp編集部 北村

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 AMDは、「Radeon R9/R7」シリーズの発表と「Battlefield 4」の発売を記念して、「Radeon R9/R7×Battlefield 4 発売記念体験会」を秋葉原UDXで開催した。

秋葉原UDXで開催された「Radeon R9/R7×Battlefield 4 発売記念体験会」

 イベントでは、AMDとパートナー各社による、「Radeon R9/R7」搭載ビデオカードの展示をはじめ、オンライン対戦や、様々な景品が当たるじゃんけん大会などが行なわれた。ここでは、各社が展示していた内容を、フォトレポートでお届けしよう。

今回のイベントが初公開となる「MATRIX-R9280X-P-3GD5」を動作させていたASUS
スペックは写真の通り。11月下旬発売予定で予価は4万8000円前後ASUSは、他にもオリジナルクーラー搭載の280X/270Xカードを展示していた
会場で唯一「Radeon R9 290X」を展示していたMSI。イベントのために本社からわざわざ取り寄せたというMSIもオリジナルクーラー搭載の280X/270Xカードを展示
HISのコーナー。280Xから250まで幅広く取り揃える。やはりクーラーはHISオリジナルの「IceQ」を採用
HISの販売代理店であるアイティシーが、PHANTEKS製のフルタワーケース「ENTHOO PRIMO」を展示。電源ユニットを入れるスペースを小部屋化した独自の構造となっている。11月中旬発売予定で、ケース単体の予価は3万4800円前後、PC一式の予価は33万円前後
280Xや270Xのオーバークロックバージョンを展示するSapphire
GIGABYTE、Club 3D。玄人志向も、Radeon R9/R7搭載ビデオカードを展示していた
ゲーミングキーボード、マウス、ヘッドセットを展示するCorsairBattlefield 4デザインのゲーミングデバイスを展開するRazer
試遊台のPCも、AMDのパートナー各社のマシンとなっていた。参考出展のマウスコンピューター製PC「G-TUNE」は、品薄で入手困難なRadeon R9 290Xを搭載する

【関連サイト】

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事
ピックアップ

ASCII.jpメール アキバマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中