このページの本文へ

デロイト トーマツ リスクサービスと「持続的なセキュリティ体系構築」目指す

HP、SOC構築までを網羅するリスクコンサルサービス開始

2013年10月15日 06時00分更新

文● TECH.ASCII.jp

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 日本ヒューレット・パッカード(日本HP)は10月11日、北米でデロイト トーマツ リスクサービス(DTRS)と共に提供しているリスクコンサルティングサービスを、国内でも提供開始すると発表した。企業の情報資産をセキュリティ脅威から保護することを目的として、企業内SOC(セキュリティオペレーションセンター)の構築までを見据えた統合的なセキュリティソリューションを提供する。

 同サービスは、日本HPのSIEM(セキュリティ情報およびイベント管理)ツール「HP ArcSight」と、DTRSの「サイバーセキュリティ戦略立案およびSOC構築支援サービス」を融合し、ワンストップソリューションとして提供するもの。

 具体的には、企業内に存在するリスク把握/評価、対策検討、セキュリティポリシーデザインを行う「サイバーセキュリティ戦略立案」、SIEMツール導入を核としたSOC構想立案や要件定義などを行う「SOC構築支援」、ArcSightの導入、SOCの導入からテスト、運用、改善といった包括的な支援を行う。

 ArcSightはログデータの保管や管理、相関分析、パターン分析、ユーザーアクティビティの監視といった機能を提供し、最新の脅威とリスクを監視するための包括的なプラットフォームとなる。

 HPでは同サービスを通じて、企業は外部からのサイバー攻撃だけでなく、内部不正までを含め、あらゆる脅威から情報資産を守ることが可能になると述べている。また、欧米で先行しているSOC構築/運用を視野に入れた、持続的なセキュリティ体系の構築を目指す企業の取り組みを支援するとしている。

カテゴリートップへ

ピックアップ