このページの本文へ

Wi-Fiの電波強度も表示されるようになった

iPhone 5s/5cで速度比較だ! 「RBB TODAY SPEED TEST」

2013年09月20日 11時00分更新

文● ASCII.jp編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
iPhone 5s/5cで通信速度を測るなら、「RBB TODAY SPEED TEST」が便利です

 何かと話題のiPhone 5s/5cだが、今回はドコモも参入したことで、国内では大手3キャリアすべてから発売されることとなった。そこで気になってくるのが、キャリアの違いによるネットワークの差だ。

 5s/5cが800MHz帯のLTEネットワークに対応したこともあり、auが有利とも予想できるが、ドコモも今後は都心部などで800MHzや1.8GHzのネットワークに力を入れてくるかもしれない。一方、ソフトバンクはTD-LTE互換の「SoftBank 4G」が5s/5cでサポートされず、若干状況は不利といえる。とはいえ、ネットワークは日々変わっていくもの。将来、展開が大きく変わることも無いとは言い切れない。

 その通信速度をiPhoneで計測するのに便利なアプリが、「RBB TODAY SPEED TEST」。IT総合ニュースサイト「RRB TODAY」で提供している通信速度測定である「スピードテスト」(外部リンク)のスマートフォン版だ。一定時間内に測定サーバーとやりとりしたデータから、スループット値の平均を抽出して表示する。

RBB TODAY SPEED TEST App
価格無料 作者IID, Inc.
バージョン1.0.4 ファイル容量2.8 MB
カテゴリーユーティリティ 評価(2.5)
対応デバイス全機種 対応OSiOS 4.3以降

 操作はとても簡単で、基本は「条件確認」をタップして位置情報を取得し、その後に「測定開始」をタップするだけだ。もしうまく取得できなくとも、手動で入力できるので安心してほしい。

「条件確認」で位置情報を取得し、「測定開始」をタップするだけ

 回線状況にもよるが、計測は20秒程度で終わり、ダウンロード(下り)とアップロード(上り)の速度が表示される。測定された結果はメールやSNSで送れるほか、平均値も記録される。

測定された結果はメールやSNSで送れるほか、平均値も記録される

 また、iOS版はアップデートされたことで、Wi-Fiで接続している場合は、電波強度を取得するようになった。また、従来はどこの公衆Wi-Fiに接続しているかの手動入力が任意で必要だったが、アップデートで接続先をアプリ側で自動選択してくれるようになっているのも、うれしいポイントである。

公衆無線LANの接続先も取得してくれる。うまく取れなくても、手動で設定可能
Wi-Fi利用時は電波強度も出るようになった
「アスキースマホ総研」でも本アプリのAndroid版が活躍していた

 ちなみにASCII.jpの企画にも、RBB TODAY SPEED TESTは何度か登場している。たとえば、人気連載である「アスキースマホ総研」では、今年の夏モデルスマホを用いて、山手線全29駅で3キャリアの回線速度を計測する……という実験を行った。その際に使われたのが、何を隠そう、本アプリのAndroid版である(関連記事)。メンバーに話を聞いたところ、何の問題もなく使えたとのことだ。

 積極的に速度比較をするようなヘビーユーザーではなくとも、自宅や職場のあちこちで速度を測るだけでもなかなか楽しいもの。無料なので、気軽にダウンロードして試しててもいいかも。

カテゴリートップへ

Apple Store オススメ製品

ASCII.jp RSS2.0 配信中