このページの本文へ

送信エラー率を従来の1/60に抑える

エラー率0.03%を実現したメール配信サービス「MMDSプラス」

2013年09月19日 06時00分更新

文● TECH.ASCII.jp

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 9月18日、データホテルはメール配信時の送信エラー率を従来の1/60に抑え、エラー率0.03%を実現した新メール配信サービス「MMDSプラス」の提供を開始した。

 データホテルは従来からメールを高速で配信するASP型のサービス「MMDS」を提供している。MMDSプラスでは、従来1段階であった解析処理をメールサーバーからのエラーコード解析、エラーメールのメッセージ解析、エラー内容別パターン解析の3段階に分割。エラー理由を特定しった上で配信することで、送信エラーを1/60にまで抑えたという。

サービスイメージ

 また、より高速に配信するため携帯電話/PC、スマートフォン向けにそれぞれ最適化された配信エンジンを用意した。

 MMDSプラスにより、スマートフォンの普及で複雑化するメール配信やエラーアドレスの解析などを効率的に行ない、遅延や不達を発生させず、意図したタイミングでのメール配信を実現する。また、運営側もメール配信の運用の雑務から解放され、企画、コンテンツ内容の作成に注力できるという。

■関連サイト

カテゴリートップへ

ピックアップ