このページの本文へ

Bluetooth搭載で後部座席からでも連携可能

TAXAN、スマホとワイヤレス接続できるFMトランスミッター

2013年09月12日 21時12分更新

文● ナカムラ/ASCII.jp編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
Bluetooth接続対応のFMトランスミッター「TAXAN MeoSound transmitter」は9月13日発売

 9月12日、加賀ハイテックは、PC・モバイル周辺機器のブランド「TAXAN(タクサン)」より、FMトランスミッター「TAXAN MeoSound transmitter」と「TAXAN MeoSound」シリーズのBluetoothスピーカー3製品を発表した。

 MeoSound transmitter(MEO-SUND-BTFM)は、シガーソケットから給電を受けるBluetooth対応のFMトランスミッター。ワイヤレスでスマートフォンと連携できるため、後部座席からも音楽を飛ばせる。2.4Aの出力を持つ充電用USBポートを備え、スマホのほかiPad等の機器も充電できる。操作部の向きや角度を変えられる可動シガープラグを採用している。

MeoSound transmitter(MEO-SUND-BTFM)はBluetooth接続に対応するFMトランスミッター

 マルチペアリングに対応し、最大4台までの機器を登録できる。Bluetoothのバージョンは3.0+EDR、対応プロファイルはA2DP/SCMS-Tで、対応電源はDC12V、24V。サイズは約幅47×奥行き17×高さ47mm、重量は43g。価格は3480円で、9月13日に発売する。

 MeoSoundシリーズのBluetoothスピーカーは、3製品ともNFCに対応し、対応機種にスマホなどをタッチするだけでペアリングが可能だ。Bluetoothのバージョンは3.0+EDR、対応プロファイルはA2DP/AVCP/HFP。パッシブラジエーターを搭載するなど、音質面にもこだわったという。いずれもハンズフリー通話機能、音声ガイダンスを搭載し、バッテリーを搭載する。発売と同時にGoogle Playにて、Bluetooth接続が簡単にできる無償のアプリ「MeoNFCコネクト」がダウンロード可能になる。いずれも10月上旬発売予定だ。

「TAXAN MeoSound Juke」(MS-JUKE-01/BL)。カラーはブラックのみ

 「TAXAN MeoSound Juke」(MS-JUKE-01/BL)はブロックのようなデザインとマットな質感が特徴だ。スピーカー出力は2.5W×2で、連続再生時間は約13時間、サイズは約幅138×奥行き80×高さ78mm、重量は370g。価格はオープンで、店頭予想価格は8800円。

「TAXAN MeoSound Shouwer」(MS-SHWR-01/WH)は生活防水性能を持つ

 「TAXAN MeoSound Shouwer」(MS-SHWR-01/WH)はIP54の防水性能を持ち、風呂場やアウトドアでの使用に適したスピーカーだ。スピーカー出力は2.5W×2で、連続再生時間は約13時間、サイズは約幅144×奥行き83×高さ72mm、重量は350g。価格オープンで、店頭予想価格は7980円。

「TAXAN MeoSound 」(MS-SPLS-01/WH)は脱着可能な吸盤付きで、壁や家具に固定できる

 「TAXAN MeoSound 」(MS-SPLS-01/WH)はコンパクトサイズの防水スピーカーで、IP54の防水性能を持つ。底面と側面に吸盤をセットして、風呂場やキッチンの壁に取り付け可能だ。スピーカー出力は1.5W×2で、連続再生時間は約10時間、サイズは約幅170×奥行き50×高さ42mm、重量230g。価格はオープンで、店頭予想価格は7500円。

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン