このページの本文へ

9月は熱い男たちの映画が盛りだくさん!

残暑に負けない9月のオススメ映画をピックアップ!

2013年09月02日 11時55分更新

文● くろあん

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 夏休みが終わっても、まだまだ暑い日本列島。8月は『パシフィック・リム』や『ワールド・ウォーZ』などのアッツイ映画が盛りだくさんでしたが、9月に公開される映画も負けず劣らず熱い展開の映画がイッパイです!
 8/30~9/28に公開される映画のなかから、渋く熱い男たちが登場する、気になる作品をピックアップしてご紹介します!!

マン・オブ・スティール

 日本人にもお馴染み、アメコミヒーローのスーパーマンの生い立ちを描いたSF映画です。筆者は、スーパーマンと言えば、アラレちゃんに出てきたスッパマンを思い出す世代ですが、本作のスーパーマンはスーツも今風に一新されており、超能力者同士のアクションシーンもCGを使った迫力あるものになっています。過去のスーパーマンを知らない若い世代の方でも、十分に楽しめそうですね。

 ちなみに、映画タイトルの『マン・オブ・スティール』は、1930年代に登場したDCコミックス『スーパーマン』第一作目のタイトルだそうですよ。

キャプテンハーロック

9月7日公開

 最近は猫も杓子も『ワンピース』ですが、一昔前は海賊といったら『キャプテンハーロック』だったんですよ。強く、義理堅い、孤独なアウトロー。ハーロックこそ、男の中の男と言えるでしょう。

 さて、気になる中身ですが、本作は実写化とかではなく、フルCGアニメーションです。『APPLESEED アップルシード』の荒牧伸志氏が監督、『機動戦士ガンダムUC』の福井晴敏氏が脚本を手がけています。フルCGアニメ―ションと言うと、あの『FF』を思い出しますが、本作はどうなるのでしょうか? 今月の気になる一本です。

ウルヴァリン:SAMURAI

9月13日公開

 本作は、2009年に上映された『ウルヴァリン:X-MEN ZERO』の続編になります。主人公は、もちろんヒュー・ジャックマン演じるウルヴァリンです。

 日本が舞台なので、福島リラさんや真田広之氏など、日本人キャストも多数出演するそうですね。日本という国が、映画の中でどのように表現されているかにも注目したい作品です。

許されざる者

9月13日公開

 本作は、1992年に上映され、アカデミー賞を始め数々の賞を総なめにした傑作『許されざる者』を、日本映画としてリメイクした作品です。

 主演は渡辺謙さん。そのストーリーは、人斬り十兵衛として恐れられた主人公が、幕府崩壊後、貧困のはてに、再び刀を手にするというもの。

 過去の名作がどのように姿を変えるのか。今から楽しみな作品です。

スティーブ・ジョブズ1995 ~失われたインタビュー~

9月28日公開

 2011年に亡くなったスティーブ・ジョブス氏。本作は、ジョブス氏へのインタビュー映像をまとめたドキュメンタリー映画です。

 基となったインタビューは、1995年にあるテレビ番組の一環で行われたのですが、ほんの一部しか放映されず、さらにマスターテープを紛失していたらしいですね。ジョブス氏の死後、そのマスターテープが偶然見つかったため、修復し、HD化したのが本作になります。

 アメリカでは、2011年11月から公開されたそうですが、それから2年ほど遅れて、日本での公開となります。ジョブスファンの方は必見です!

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jpメール アキバマガジン

クルマ情報byASCII

ピックアップ