このページの本文へ

お盆は映画館で熱くなれ!

「パシフィック・リム」ほか、この夏必見の映画をピックアップ!

2013年08月08日 20時58分更新

文● くろあん

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 猛暑やゲリラ豪雨になっても、映画館にいれば大丈夫! というわけで、今年のお盆に見るべき、ただいま絶賛上映中の映画5タイトルを紹介! 展開の熱さで思わず心がショート寸前になっちゃうかも!

『パシフィック・リム』

人類最後の望みは、この巨兵

 映画界の鬼才・ギレルモ監督が贈るSFアクション・アドベンチャー大作。深海から突如出現したエイリアン“KAIJU”。人類は、人型巨大兵器“イェーガー”を開発し、“KAIJU”に立ち向かうが……。

 巨大兵器と巨大怪獣が縦横無尽に暴れまくるシーンは、まさに娯楽ハリウッド映画の真髄! 日本の様々なアニメや特撮が、オマージュされた作品でもあります。

『ローン・レンジャー』

世界を変えるのは、正義か? 復讐か?

 主演のジョニー・デップを筆頭に、『パイレーツ・オブ・カリビアン』のスタッフが再結成したアクション大作。悪霊ハンター・トントの力で瀕死から甦ったジョンだが、正義にこだわるあまりトントと対立。しかし愛する者を奪われたとき、ジョンは謎のヒーロー“ローン・レンジャー”へと変貌する。

 1950年代にTVやアニメで製作された西部劇ヒーローを、再度映画化した本作。アクションもだが、ジョニー・デップ扮するトントのコメディ調の立ち回りも楽しみな作品です!

『ワールド・ウォーZ』

その時守るのは 家族か、世界か?

 ブラッド・ピット主演。ベストセラー小説を基にした大作パニック映画。突如発生したウイルスで、一瞬で地獄と化した世界。妻と娘を助けるため、主人公のジェリーはウイルスの謎へと迫る。

 世界滅亡系の映画で、これほど「人がゴミのようだ!」といえる作品もないのでは? あまりのゴミっぷりに驚愕したので2回言います。「人がゴミのようだ!」

『オーガストウォーズ』

その日世界は、二つに分かれた。

 ロシア・グルジア紛争をベースに、ロボット兵器も取り入れたSFミリタリースペクタル作品。ロシア・グルジア紛争に巻き込まれた息子を助けるため、母親のクセーニアは単身南オセチアに進入する。そこでは、巨大ロボットと軍事兵器が激戦を繰り広げていた。
 ロシア初のロボット映画ですが、本作にはなんとロシア軍が全面協力。実に1500名の本物のロシア軍人と、30種類の本物のロシア製戦闘機や戦車、重火器を投入しています。ここまで本物尽くしだと、ロボットも本物っぽく思えてきますね。本当におそロシア……。

『アイアン・フィスト』

これぞ最強の拳。

 アメリカのヒップホップグループ「ウータン・クラン」のリーダー・RZAが、監督、主演、脚本、音楽の4役を手がけたカンフーアクション。舞台は19世紀の中国。組織の抗争に巻き込まれて両腕を失った鍛冶屋は、村を守るために、自らの両腕に鉄の拳を装着。封印していたカンフーを解き放ち、“アイアン・フィスト”として甦る。
 カンフー好きを公言していたRZA監督が、クエンティン・タランティーノ協力のもとに製作したカンフー映画です。B級臭がプンプンしますが、昔の香港アクション映画が好きな私は、この臭い、嫌いじゃないです。

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン