このページの本文へ

前へ 1 2 次へ

コンパニオンは後半から!

夏を締めくくる「キャラホビ2013」が幕張メッセで開催!

2013年09月01日 22時28分更新

文● 伊藤 真広

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 夏休み最後の8月31日、9月1日の2日間、幕張メッセでキャラクター&ホビーの総合イベント「キャラホビ2013」が1~3ホールを使って開催された。

幕張メッセで2日間にわたり開催された「キャラホビ2013」は、開場待ちの人も多数見られた

 キャラホビ2013には、国内の玩具メーカーを中心に、トヨタや日清食品など50以上の企業がブースを出展する総合イベント。各ブースでは自社の製品に関する展示やプロモーションが行なわれたほか、キャラクターグッズの会場限定品や一般販売に先駆けて先行販売なども実施されていた。

 会場の中心には特設ステージが用意されており、放送中の作品やこれから放送が始まる作品の出演者などが登壇するトークイベントやアーティストによるライブなどで会場は賑わっていた。

アスキー・メディアワークスのブースでは電撃各誌の付録の展示や「Tda式初音ミク・アペンド カラーレジンキット」などのグッズ類を販売していた
角川グループホールディングスも共同ブースを出展。エンターブレインやメディア・ファクトリーなどが新作タイトルやグッズを展示していた
バンダイブースはガンプラを全面に出しつつ、マクロスやヤマトなどのアイテムも大量
本イベントが初お披露目だった「機動戦士ガンダム サンダーボルト」のHGシリーズのサンプル「ガンダムトライエイジ」の体験コーナーも用意されていた
イベント内の特別展示「リアルロボット博物館」では、70年代から00年代までのプラモデルなどをアイテムを展示
今回のイベントで最も大きなスペースで出展していたバンプレスブースでは、一番くじシリーズやプライズの新作を大量展示していた
今年も自衛隊は在日米軍と共同でブースを出展。自衛隊の準備体操の体験会を実施していた
装備品への接触は禁止されていたが軽装甲機動車の上や運転席に乗ることができた
グッドスマイルカンパニーでは、ワンダーフェスティバルで発表したフィギュアの数々を展示
昨年のザクとうふに続いて、今年はビグ・ザムとうふで相模屋食料が出展
昨年は会場でプロトタイプとして発表会を行なったシャア専用オーリス。1年後の今年は先日発表された市販モデルの展示スペースとなっていた
キャノンブースでは9月27日発売されるシャア専用インクジェットプリンター「PIXUS MG7130」でブースを出展
今年も日清食品はくじを実施。カップヌードルなどの豪華景品がプレゼントされていた
コスプレ撮影エリアには、COSPATIOのスペシャルタイアップとして超大型巨人の1/1頭部が登場。「進撃の巨人」に限らずコスプレイヤーが写真撮影を行なっていた

前へ 1 2 次へ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jpメール アキバマガジン

クルマ情報byASCII

ピックアップ