このページの本文へ

前へ 1 2 3 次へ

夏休みの最後は幕張で! キャラホビ2011が開催中!

2011年08月27日 23時59分更新

文● 伊藤 真広

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 夏休み最期の土日となる8月27日・28日の2日間に渡って、幕張メッセ国際展示場の1・2・3ホールにて、キャラクター&ホビーイベント「キャラホビ2011」が開催中だ。

28日も幕張メッセで行なわれるキャラホビ2011の入場料は当日券1500円で、小学生以下は無料。入場時間は10:00~17:15となっている

 会場では、このイベントでしか手に入らない会場限定品や一般流通していない商品の先行販売などが行なわれていた。
 会場の中央には特設ステージも用意されており、これから公開されるアニメ作品の制作発表やアイドルによるライブ、声優がパーソナリティーを務めるラジオ番組による公開録音などを実施。事前申込みや整理券による座席以外にも立ち見スペースが用意されていることもあり、来場した人の多くがステージ前で足をとめてステージを見る姿があった。

 本イベントでは、ホビー系のイベントとしては珍しく、陸上自衛隊やアメリカ陸軍が広報活動のために装備品展示なども実施している。そのため、実際に軍隊で使用される装備を身につけるコーナーやハマーの原型となった高機動多用途装輪車両ハンビーなどに乗って記念撮影をする来場者の姿も見られた。
 キャラホビ2011は、明日も幕張メッセ国際展示場で10時から17時15分の予定で開催する。明日の予定がまだ決まっていないという人は、夏休み最期の思い出作りをしてみるとよいだろう。

アスキー・メディアワークスブースでは、電撃ホビーマガジンのプロモーションと乙女向けのコーナーで展示や新作ゲームの試遊台を設置していたほか、おなじみ電撃屋で物販も行なっていた

電撃ホビーマガジンコーナーでは、雑誌に掲載された作例の展示などを行なっていた

「シルフ」「電撃Girl's Style」による乙女コーナーでは、PSP用の新作タイトルの展示を実施

この秋より放送開始となる「境界線上のホライゾン」のヒロイン“ホライゾン・アリアダスト”などのフィギュアの展示も行なわれているぞ

「機動戦士ガンダム」のMSや「装甲騎兵ボトムズ」のスコープドッグなどを手がけたメカニックデザイナーの大河原邦男さんのブースでは、氏が描いたイラストや手がけた作品の展示を実施!

こちらは東日本大震災の復興支援でも活躍したアメリカ陸軍のコーナー。ハンビーに乗って記念撮影ができるほか、復興支援活動を記録したパネル展示などを行なっていた

在日米軍が昨年、日米安全保証条約改定50周年を記念して作成した漫画「わたしたちの同盟」の無料配布も行なわれていた

フェイスペイント体験ブースでは、現役のアメリカ陸軍の軍人さんがフェイスペイントを施してくれるぞ!

陸上自衛隊も装備品展示や自衛隊の活動紹介を行なっていた

同イベントで最大スペースとなっていた一番くじなどを販売するバンプレストブースでは、これから発売を迎えるプライズや一番くじの景品展示を実施していた

東映アニメーションとバンプレストの老舗メーカーが手を組んで制作される「京騒戯画」の制作発表ステージの模様は、近日中に詳細レポートでお伝えするぞ!

前へ 1 2 3 次へ

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jpメール アキバマガジン

クルマ情報byASCII

ピックアップ