このページの本文へ

ASUS「MAXIMUS VI IMPACT」

ASUS R.O.G.シリーズ初のMini-ITXマザーがついに販売開始

2013年08月31日 23時09分更新

文● 山県

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 COMPUTEX TAIPEI 2013でのお披露目以降、その発売が待たれていたASUSTeK製のZ87搭載Mini-ITX対応マザーボード「MAXIMUS VI IMPACT」が、いよいよ発売となった。

ASUSTeK製のZ87搭載Mini-ITX対応マザーボード「MAXIMUS VI IMPACT」。発売初日の売れ行きも好調だ

 「MAXIMUS VI IMPACT」は、ゲーマーおよびオーバークロッカー向けブランド「R.O.G」シリーズに属する初のMini-ITX対応マザーボード。8+2フェーズ構成「Impact Power」デジタル電源回路や、SN比115dBのオーディオ「SupremeFX IMPACT」などを実装。さらにATXサイズの上位モデルデモ採用される、IEEE 802.11ac無線LAN/Bluetooth 4.0/M.2(NGFF)コンボ拡張カードも付属している。

8+2フェーズ構成「Impact Power」デジタル電源回路や、SN比115dBのオーディオ「SupremeFX IMPACT」などを実装する

IEEE 802.11ac無線LAN/Bluetooth 4.0/M.2(NGFF)コンボ拡張カードも付属する

 主なスペックは、拡張スロットがPCI Express(3.0) x16×1、Mini-PCI Express×1。メモリースロットはDDR3が2本で、対応はDDR3-3000/2933/2800/2666/2600/2500/2400/2200/2133/2000/1866/1800/1600/1333、最大16GBまで。オンボードデバイスにはSATA3.0×5、eSATA×1、USB3.0×6などを備えるほか、I/O部にはDisplayPort/HDMIを搭載している。
 価格および販売ショップは以下の通り。

価格ショップ
「MAXIMUS VI IMPACT」
¥29,980パソコンショップアーク
OVERCLOCK WORKS
オリオスペック
ツクモパソコン本店
ツクモDOS/Vパソコン館
TSUKUMO eX.
ドスパラ パーツ館
BUY MORE秋葉原本店
パソコンハウス東映

【関連サイト】

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事
ピックアップ

ASCII.jpメール アキバマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中